【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

第3次世界大戦が勃発する可能性のある5つの場所、日本の近くも―米華字メディア

配信日時:2018年12月24日(月) 22時30分
第3次世界大戦が勃発する可能性のある5つの場所
画像ID  1054360
米華字メディア・多維新聞は23日、「第3次世界大戦の勃発地」を予想する米誌の報道を紹介した。資料写真。
米華字メディア・多維新聞は23日、「第3次世界大戦の勃発地」を予想する米誌の報道を紹介した。

米誌ナショナル・インタレストは22日、米陸軍大学校(USAWC)のロバート・ファーリー教授の文章を掲載した。ファーリー教授はこの中で、第3次世界大戦が勃発する可能性がある五つの地域を挙げた。それは、南シナ海、ウクライナ、ペルシャ湾、朝鮮半島、そして「予想できない意外な場所」だという。

同教授はウクライナについて、最近、ウクライナ南部クリミア半島とロシア本土を隔てるケルチ海峡での事件で地域の緊張が高まっていると指摘。ペルシャ湾については、「クルド人、トルコ人、シリア人、イラク人の間でいつでも衝突が起きる可能性がある」とした。また、朝鮮半島については「2018年にやや緩和したものの、一貫して緊張状態にある」ことを理由に挙げているという。

同教授はこのほか、「朝鮮戦争以降、米国はすべての衝突に関する予測を誤っている。そのため第3次世界大戦の到来はまったく予想し得ない場所である可能性もある」と指摘しているという。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2018/12/25 15:17)

    我々の人類にあって最後に行きつく道は“平和か壊滅かの何れかである。然し、近年に見る核兵器の開発は一旦事が始まり使用されれば、全ての物が灰と化してしまう。平和は生命の真理を詠う。恒久的な平和とは恒久的な平和の真理があってこそ求められよう。そして「永久平和憲章」は永遠不滅の真理である。これ等の事から「永久平和憲章」はその実現を試みる国に対し、必ずや我々人類の太陽ともなり、また国連の求める平和に対する戦略的なパートナーともなり得るものである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/25 14:34)

    >第3次世界大戦が勃発する可能性がある五つの地域を挙げた 第一次大戦と第二次大戦は〈ひとつの世界戦争〉が10年間の休戦を挟んで起きたものである。だから次に世界戦争が起きても〈第三次〉にはならないはずだ。学者ならそれくらい知っておくべきだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/25 00:55)

    意外な場所・・・・38度鮮なんかどうだい?裏切りに裏切りを重ねる民族だから再び北が南へ侵攻なんてのも有り得るかもしれないな。 そん時ゃ日本は他人のフリを決め込もうなww
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事