Record China

ヘッドライン:

韓国のガイドがツアー客を置き去りに!まさかの事態にネットから批判続出

配信日時:2019年3月18日(月) 23時0分
拡大
18日、韓国・国民日報は「パッケージツアーで海外に出発した韓国人旅行客らが現地でガイドに捨てられるという驚きの事件が起きた」と報じた。写真はカナダ。

2019年3月18日、韓国・国民日報は「パッケージツアーで海外に出発した韓国人旅行客らが現地でガイドに捨てられるという驚きの事件が起きた」と報じた。

記事によると、旅行客12人は2月、韓国大手旅行会社のハナツアーのパッケージツアーでカナダを訪れた。しかし、空港からイエローナイフに向かう途中、飛行機が天候悪化により引き返す事態が発生した。当時の状況について、旅行客のチェさんは「イエローナイフでガイドと合流する予定だったがその通りに行かず、連絡もつかないので空港で野宿することになった」と話した。旅行客の中には幼い子どももいたという。

その後ようやく連絡がつき、バンクーバーでガイドと合流したが、ガイドはイエローナイフの代わりに自費で自由旅行をするよう指示し、同意書を渡したという。これについて、旅行客のチョンさんは「食事代やホテル代の支援もなく、パッケージで申し込んだのに自費でどうにかしてくれなんておかしい」と怒りを示している。さらに旅行客らがサインを拒否すると、ハナツアーは「スケジュールの進行が不可能」としてガイドを撤収させた。チョンさんは「ガイドに捨てられたと思った時から旅行でなくなった。韓国に帰らなければとの考えしか浮かばなかった」と話していたという。

旅行客らは帰国後に抗議したが、ハナツアーは「天候を理由にスケジュールを変更することは可能である上、当時は現地の条件に合わせて最善のオプションを提供した」と反論している。また、「現地から撤収したのは、提示した条件を旅行客らが拒否したためやむを得なかった」と説明したという。

しかし、これ知った韓国のネットユーザーからは「自費で自由旅行をするという同意書が最善のオプション?」「基本がなっていない。どんなに小さい旅行会社でも客を放置するなんてことはしないよ」「自分でできるならそもそもパッケージツアーを申し込まない。初めての場所に置いてけぼりなんて考えただけでも恐ろしい。ひど過ぎる」「厳しく処罰してほしい。規定よりも海外にいる客の不安や苦痛を理解してあげるべき」「大手だから客も信頼していただろうに。費用は負担するから自由旅行してくれと言われても驚くのに、自費でしろと?本当にあきれる」など旅行会社への批判の声が高まっており、不買運動を呼び掛ける声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング