【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

企業のブランド価値ベスト500、ファーウェイが大きく順位を上げる

配信日時:2019年1月31日(木) 6時50分
企業のブランド価値ベスト500、ファーウェイが大きく順位を上げる
画像ID  1054342
英コンサルティング会社ブランド・ファイナンスが22日に発表した2019年版の「ブランド・ファイナンス・グローバル500」で、渦中のファーウェイが大きく順位を上げた。写真は日本のファーウェイ広告。
英コンサルティング会社ブランド・ファイナンスが22日に発表した2019年版の「ブランド・ファイナンス・グローバル500」(企業のブランド価値でランク付け)で、トップ10に中国企業が2社ランクインした。また、渦中のファーウェイが大きく順位を上げている。

トップ3は昨年に続きアマゾン、アップル、グーグルの3社。昨年3位のサムスンは5位にランクダウンし、4位にマイクロソフト、6位にAT&Tが入った。以下、フェイスブック、中国工商銀行、ベライゾン、中国建設銀行が続いた。

また、CFOの逮捕や5Gネットワークからの締め出しなどで騒動の渦中にあるファーウェイ(華為技術)は、昨年の25位から12位に大幅に順位を上げた。

日本企業では、17位にトヨタ、28位にNTTグループ、55位に三菱グループ、57位にホンダ、88位にソフトバンク、89位に日産、95位にauなどが入ったが、いずれも昨年から順位を下げた。(北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事