Record China

ヘッドライン:

企業のブランド価値ベスト500、ファーウェイが大きく順位を上げる

配信日時:2019年1月31日(木) 6時50分
拡大
英コンサルティング会社ブランド・ファイナンスが22日に発表した2019年版の「ブランド・ファイナンス・グローバル500」で、渦中のファーウェイが大きく順位を上げた。写真は日本のファーウェイ広告。

英コンサルティング会社ブランド・ファイナンスが22日に発表した2019年版の「ブランド・ファイナンス・グローバル500」(企業のブランド価値でランク付け)で、トップ10に中国企業が2社ランクインした。また、渦中のファーウェイが大きく順位を上げている。

トップ3は昨年に続きアマゾン、アップル、グーグルの3社。昨年3位のサムスンは5位にランクダウンし、4位にマイクロソフト、6位にAT&Tが入った。以下、フェイスブック、中国工商銀行、ベライゾン、中国建設銀行が続いた。

また、CFOの逮捕や5Gネットワークからの締め出しなどで騒動の渦中にあるファーウェイ(華為技術)は、昨年の25位から12位に大幅に順位を上げた。

日本企業では、17位にトヨタ、28位にNTTグループ、55位に三菱グループ、57位にホンダ、88位にソフトバンク、89位に日産、95位にauなどが入ったが、いずれも昨年から順位を下げた。(北田

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング