【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

自衛隊哨戒機へのレーダー照射めぐり、日韓が対立深める―仏メディア

配信日時:2018年12月24日(月) 16時0分
自衛隊哨戒機へのレーダー照射めぐり、日韓が対立深める―仏メディア
画像ID  1054320
23日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、韓国軍が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射した問題について、日韓両国の対立がエスカレートしていると報じた。写真は海上自衛隊のP1哨戒機。
2018年12月23日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、韓国軍が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射した問題について、日韓両国の対立がエスカレートしていると報じた。

記事は、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が23日、ソウルで行われる韓国外交部東北アジア局長らとの協議に出発するため訪れた羽田空港で、協議の中で韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について取り上げると語ったことを伝えた。

そのうえで、今回の問題の経緯について紹介。岩谷毅防衛相が21日に「韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろに石川県能登半島付近の日本海で、火器管制レーダーを海上自衛隊のP1哨戒機に照射した。突発的な軍事衝突を引き起こし得る、極めて危険な行為だ」と発表し、防衛省が韓国側に厳重な抗議を行ったとした。また同省は22日にも改めて「極めて遺憾であり、韓国に同様の事件の発生防止を強く求める」との声明を出したことを伝えている。

火器管制レーダーについて記事は「ターゲットの距離の角度を火器管制システムに提供する。火器管制システムはこの情報に基づき射撃パラメータを計算する。しばしば、射撃前の準備段階と解釈されることがあり、日本は2013年1月にも中国海軍が東シナ海の護衛艦『ゆうだち』に数分間レーダー照射を行ったとして抗議したことがある」と紹介した。

記事は、今回の件をめぐり韓国国防部が「演習中にレーダーを使用したが、日本側が言う哨戒機に追跡照射したという事実はない」と否定していることを併せて伝えている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。

【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 12

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • sea***** | (2018/12/27 02:38)

    こんなの簡単な話だ!親北の文政権にとって瀬取りの警戒監視をしているP1は実に嫌な存在だ。 なぜなら韓国は北に秘密裏に支援物資を送りたいのだから。 そこでP1の監視活動を威嚇する意味があったのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/12/25 08:55)

    P1はレーダー照射を受けたのでいったん域外へ出て、また戻ってきたらまた照射を受けたという。 つまり偶発的ではなく、明白な意思をもって行われた事案だ。なのに韓国側の説明が二転三転するのは、誰かがどこかで嘘をついている。 もし現場レベルでの勝手な行動によるものだとしたら、韓国軍はいつか新たな戦争の引き金を引いてしまうだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/12/25 00:41)

    2013年尖閣で中国軍艦が自衛艦に火器管制レーダーを照射、日本政府が厳重抗議するとでっち上げだと中国は否定。今回は韓国政府たまたまという事だが照射認めた初めての国になった。中国よりも日本にとって敵国になってしまって困り前言を翻す。照射していないカメラ撮影しただけという陳腐なもの。レーダー照射を検出しているはずで、「レーダーがこっち向いていたから照射しただろう」と言っている訳ではない。 20日救助、22日板門店から3名と1遺体引き渡している。病院治療も事情聴取も検視もする時間がない。駆逐艦が1トン満たない船舶の捜索にあたるのも異常。特殊任務か違法行為を行っていて漂流、日本側に拿捕されないように、海保や自衛隊を追い払うため軍艦が出動したのではないか。金から直接の要請に応えたのだろう。従って照射は自衛隊を追い払うための予定の行動で大統領の命令。よほど写真を撮られたくなかった。なぜ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事