【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

貴州省で生徒らの行動を24時間監視する「チップ制服」導入、全国普及の動きも―仏メディア

配信日時:2018年12月25日(火) 7時20分
貴州省で生徒らの行動を24時間監視する「チップ制服」導入、全国普及の動きも―仏メディア
画像ID  1054318
23日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、貴州省の小中学校で児童や学生にICチップを埋め込んだ制服を着用させ、その一挙一動を追跡できるシステムの導入が進んでいると報じた。
2018年12月23日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、貴州省の小中学校で児童や学生にICチップを埋め込んだ制服を着用させ、その一挙一動を追跡できるシステムの導入が進んでいると報じた。

その他の写真

記事は、環球時報の報道を引用。貴州省にある10カ所余りの小中学校(中国の中学校は日本の中高校に相当)が企業と協力し、チップを埋め込んだ「スマート制服」を児童や生徒に着用させることで、顔認証システムとスマートフォンのアプリケーションと組み合わせて子どもたちの行動、学習態度、生活習慣、体調を24時間追跡できるシステムを導入していると紹介した。

制服に埋め込まれた2枚のチップは、500回の洗濯や150度の高温でのアイロンがけに耐えられるという。この制服を導入している同省仁懐市第11中学の林(リン)校長は「2016年秋からこの制服を採用し、すでに800人が使用した。顔認証システムにより生徒の登下校や宿舎の出入り時刻が記録されるとともに、20秒間のリアルタイム動画を見ることができる。情報は自動で保護者と教員の携帯電話にリアルタイム送信され、授業のサボりや遅刻、夜に宿舎に戻らないといった行動がすべて把握できる。許可なしに学校の敷地を離れれば自動アラートが作動するほか、制服を交換しても顔認証システムによってやはりアラートが作動する」と語っている。

24時間追跡可能なシステムにより、子どもたちのプライバシーを侵害する可能性があるのではとの声に対し、林校長は「学校は主体的に生徒の行動を追跡しない。あくまで、授業や宿舎を抜け出した時の追跡のために使う」と説明した。

追跡システムは今後、居眠りをする生徒らへのアラーム機能や、校内での各種支払い機能と保護者への利用額通知機能、生徒らの身体状況に異変が生じた際の教員や保護者へのリアルタイム通知機能などを備える予定とのこと。浙江省でも同様の動きが出ており、「スマート制服」は今後全国的に普及することになりそうだ。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • MR***** | (2018/12/25 15:27)

    メリットあるのは確かだが、デメリットも明らかだね~
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/25 14:38)

     児童・生徒の制服への着用義務は一種の実験に過ぎないのだろう…。監視に効果が有るとなれば、一般への適用を図るだろう。衣服では意味が無いとなれば、当然・人体に埋め込みだろう=顔認証より手っ取り早く支払いができるとか、免許証が不要とか…利便性をアピールすれば『さすが先進国!』と国民は受け入れるのだろう。  訪中外国人にも何らかの形で身に着けさせるかも知れない。身に着ける(所持)が無ければ、即・拘束だ。  多少SF的だが、中国ではやりかねない。(ちなみに日本ではペット(犬猫)用の生体埋め込み式ICチップは実用化されている=殆どの動物病院で簡単な手術で埋め込める。中国が人体に適応しても不思議ではない)。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/12/25 14:29)

    むしろ失踪する来日観光客の監視に使え
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事