Record China

ヘッドライン:

卓球・張本「東京五輪で金メダル取れるよう頑張る」、小池都知事から表彰―中国メディア

配信日時:2018年12月23日(日) 13時40分
拡大
22日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、東京スポーツ奨励賞を贈られた卓球男子の張本智和が「東京五輪で金メダルを取れるよう頑張る」と述べたことを伝えた。

2018年12月22日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、東京スポーツ奨励賞を贈られた卓球男子の張本智和が「東京五輪で金メダルを取れるよう頑張る」と述べたことを伝えた。

記事によると、東京都はこのほど、10月にアルゼンチンで行われた第3回ユースオリンピックでメダルを獲得した15歳から18歳のアスリート17人に東京スポーツ奨励賞を贈呈した。

記事は、「表彰式に出席したアスリートの中で最も注目を集めたのは、名実相伴う人気選手となった張本智和だ」とし、小池都知事から健闘をたたえられた張本が「今大会は2つの銀メダルに終わってしまい悔しい気持ちがあるので、2020年の東京オリンピックで金メダルを取れるように頑張ります」と述べたことを伝えた。

記事は、張本が、今年1月の全日本選手権を初制覇すると、6月の荻村杯で中国の馬龍(マー・ロン)と張継科(ジャン・ジーカー)の五輪金メダリスト2人を撃破して優勝し、今月の韓国でのワールドツアー・グランドファイナルでも中国の林高遠(リン・ガオユエン)ら世界の強豪を下して史上最年少優勝を果たしたことを紹介し、「今年の飛躍的なパフォーマンスは衆目の一致するところだ」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

卓球の日本代表、東京五輪では中国の最大のライバルに―中国メディア

18日、新華社は、卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナル・男子シングルスで張本智和が中国のの林高遠を破り史上最年少で優勝したことなどを受け、「2020年東京五輪では日本が中国の最大のライバルになる」とする記事を掲載した。写真は伊藤美誠。

Record China
2018年12月19日 15時30分
続きを読む

ランキング