Record China

ヘッドライン:

韓国軍、韓国艦のレーダー照射めぐる日本の抗議は「過剰な反応」―中国メディア

配信日時:2018年12月23日(日) 12時40分
拡大
22日、中国メディアの観察者網は、海上自衛隊のP-1哨戒機が日本海で韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用のレーダーの照射を受けた問題で日本政府が抗議したことをめぐり、韓国軍関係者からは「日本の反応は過剰だ」とする指摘が出ていると報じた。資料写真。

2018年12月22日、中国メディアの観察者網は、海上自衛隊のP-1哨戒機が日本海で韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用のレーダーの照射を受けた問題で日本政府が抗議したことをめぐり、韓国軍関係者からは「日本の反応は過剰だ」とする指摘が出ていると報じた。

記事はまず、「日本の防衛省は21日、この問題をめぐり日本政府が韓国側に外交ルートを通じて抗議するとともに、再発防止を求めたことを明らかにした」と報じた。

その上で、韓国紙・朝鮮日報の22日付報道を引用。韓国国防部は「正常な作戦活動中にレーダーを運用したが、日本の海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」と主張しているとし、日本側の抗議について、韓国軍関係者からは「日本の反応は過剰だ」とする指摘が出ていると紹介した。

さらに「韓国メディアが韓国国防部関係者の話として伝えたところによると、レーダーを使ったのは遭難した北朝鮮船捜索のためだった。韓国統一部も22日、今月20日に日本海の公海上で北朝鮮の船舶1隻を発見し、船員3人を救助、1人の遺体を収容したと発表した」と伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の態度が変わった?徴用工判決めぐる河野外相の「融和的発言」に注目集まる

16日、韓国・ソウル新聞は「日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決をめぐり連日強硬発言をしてきた河野太郎外相が融和的な態度をみせた」とし、「その背景に関心が集まっている」と伝えた。写真は韓国最高裁から賠償命令を受けた新日鉄住金。

Record China
2018年12月17日 11時0分
続きを読む

ランキング