2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

米国はなぜファーウェイを忌み嫌うのか―米華字メディア

配信日時:2018年12月27日(木) 6時40分
米国はなぜファーウェイを忌み嫌うのか―米華字メディア
画像ID  1053795
24日、米華字メディア・多維新聞は「米国はなぜファーウェイを忌み嫌うのか」と題し、この問題を取り上げた韓国・edailyの23日付の記事を紹介した。写真はファーウェイの広告。
2018年12月24日、米華字メディア・多維新聞は「米国はなぜ華為技術(ファーウェイ)を忌み嫌うのか」と題し、この問題を取り上げた韓国・edailyの23日付の記事を紹介した。

ファーウェイの孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)は今月1日、米国の要請を受けたカナダ当局に逮捕された。記事は「孟氏はその後保釈されたが、現在も身柄引き渡しか否かの判断を待っている」と説明。その上で「米国とファーウェイのいざこざは15年前にさかのぼる」とし、米シスコシステムズがファーウェイを相手に起こした訴訟を挙げた。

記事は「02年、ルーター市場でファーウェイと競争を繰り広げていたシスコは特許を侵害されたとしてファーウェイを訴えた。この問題はファーウェイが製品の設計、名称を変更することで収まったが、米政府はこれを機にファーウェイという企業を知った」と指摘。さらに「世界市場を引っ張るファーウェイだが、スタート当初はそれほどでもなかった。世界市場に登場したばかりの頃は『パクリ企業』という汚名を着せられた」「ファーウェイの早期の戦略は進んだ企業の模倣だった」と述べ、その後急成長を遂げたファーウェイが11年に米当局から「中国軍との関係」を指摘されたことを伝えた。(翻訳・編集/野谷
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2018/12/27 11:16)

    やっぱ北京原人の原始的な思考では理解できなかったか~。 常識と良識を弁えた国際人なら説明するまでもないはずだが、なんでそんな当たり前の問題を執り上げたんだ? そっちの方が謎www
    このコメントは非表示に設定されています。
  • cyb***** | (2018/12/27 10:20)

    副会長がパスポートを7つも持って海外へ出かける これはスパイ映画? 民主国家ならこんな会長は直ぐにクビ もう少しだけ公平な会社と思っていたがこれが真実と思った 記事では特許侵害と急成長について書かれているが問題は基幹技術に共産党の介入の可能性があること 民主国家は皆排除する方向になる 多くの国の支援を共産党の監視道具に使われたらそれは問題でしょう この件は中国人には理解できないかもね
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 真実の***** | (2018/12/27 08:54)

    バカバカしい。何の疑問もないところに、わざと疑問を差しはさむ、意図的な記事だ。 明らかなことを再確認しよう。米国がファーウェイを忌み嫌うのは、中国の企業だからだ。中国は西側からさんざん情報を盗み、損害を与え、中国の経済成長に役立ててきた。中国は経済成長と共に、ますます人権、民主主義を抑圧し、独裁色を強め軍事力を強化している。 ソビエトは既に崩壊した。西側は中国と共に歩む利益は既になく、危険性のみ高まっている。すぐ人質を取るような中国に、国の通信機器まで人質にされてはたまらない。西側は、中国がこれ以上成長せず、縮小する方向を目指しているのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事