米国がファーウェイ問題で譲歩しない理由、香港メディアが暴露

配信日時:2019年1月31日(木) 15時0分
米国がファーウェイ問題で譲歩しない理由、香港メディアが暴露
画像ID  1053794
米国が強い警戒感を示す中国の通信機器大手、ファーウェイをめぐり、米華字メディア・多維新聞は29日、「ファーウェイ問題で米国が譲歩しない理由、香港メディアが明かす」と題する記事を掲載した。写真はファーウェイの広告。
米国が強い警戒感を示す中国の通信機器大手、ファーウェイ(華為技術)をめぐり、米華字メディア・多維新聞は29日、「ファーウェイ問題で米国が譲歩しない理由、香港メディアが明かす」と題する記事を掲載した。

多維新聞が取り上げたのは香港紙サウスチャイナ・モーニングポストの同日付の報道。記事は「世界の移動通信業は米国および西側を中心とする陣営と中国およびアジアを中心とする陣営に分けられる」と指摘し、英国、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどが5G事業でファーウェイの設備使用を禁じたり、ちゅうちょしたりしていると説明。「自由競争市場にある通信事業者は価格が安く、質の高い設備を選ぶはずだが、米国のファーウェイ攻撃が考慮に入っている。この状況下で存在するのは経済ロジックではなく陣営ロジック。このことがファーウェイを中心とする陣営と米シスコシステムズを中心とする陣営とに分けるはずだ」とした。

続けて、「世界の通信機器市場を最初に支配したのはシスコ。中国も当初はシスコ製品を選んでいた」とした上で、1987年設立のファーウェイがわずか30年で通信機器世界最大手に成長した点に言及。研究開発への投資に重きを置くファーウェイが巨大市場・中国での通信ネットワーク構築で経験を蓄積したことが、シスコの7割という価格での商品供給を可能にしたとも指摘した。

「米国は『壮大』になっていくファーウェイへのけん制を始めた」とする記事は、「米国にとって新たな軍備競争は核兵器など伝統的な兵器によるものではなく、5Gによって実現される」と強調。「米国は未来の戦争をネットワーク戦と捉えている。その核心は5Gネットワーク。先に5Gを制した者が経済戦争、情報、軍事領域で有利な地位を得る。米国のトランプ政権は『勝った国が全てを手に入れ、負けた国は全てを失う』との認識。米国がファーウェイ問題で譲歩しないのは、世界の移動通信業がファーウェイ、シスコそれぞれを中心とする二大陣営に分けられるからだ」と論じた。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • mor***** | (2019/01/31 15:12)

    米国政策によるマネーロンダリングならぬ、中国内のカンパニーロンダリングだなww 大幅関税や中国企業非難によって経済の身ぐるみを剥がすつもりなのだろう。そして中国への投資や製造が蜘蛛の子を散らしながら抜けていった後に残る「カス」をどのように料理するのか見ものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事