【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

「いずも」の空母化は災害対応のため?防衛相の説明に「じゃ、遼寧号は漁のため」―中国ネット

配信日時:2018年12月21日(金) 12時50分
「いずも」空母化は災害対応のため?中国ネット「じゃ、遼寧号は漁のため」
画像ID  1053687
20日、新浪軍事は、日本の護衛艦「いずも」を事実上空母化することについて、岩屋毅防衛相が「災害対応などに活用するためだ」と説明したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年12月20日、新浪軍事は、日本の護衛艦「いずも」を事実上空母化することについて、岩屋毅防衛相が「災害対応などに活用するためだ」と説明したと伝えた。

記事は「日本政府が新たな防衛計画の大綱で、いずもを事実上空母へと改修することを明記したことが最近、多くの人の関心事となっている」と紹介。19日に岩屋防衛相は護衛艦「いずも」を視察して、大規模災害対応など多用途に活用するのに適している点などを確認し、「あくまでも多機能な、多用途な護衛艦として、これからも使っていく」と述べた。記事はこの点について、「岩屋防衛相は、いずもの改修は災害対応等の多用途に活用するもので、専守防衛の原則は変わっていないと説明した」と伝えている。

これに対し、中国のネットユーザーからは反発の声が多く、「空母が災害対応のため?」「じゃ、我々の遼寧号は漁のため」「中国侵略も大東亜共栄圏のためと言っていたな」といったコメントが書き込まれた。

また、「F35で災害対応?」「災害救助にF35Bを使うのは、恐らく世界でも日本だけ」といった声もあり、中国のネットユーザーの多くは納得がいかなかったようである。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 9

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • har***** | (2019/02/06 18:07)

    >「じゃ、遼寧号は漁のため」―中国ネット 訂正・・・ 「じゃ、遼寧号は密漁のため」―中国ネット
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アンギ***** | (2018/12/30 18:14)

    憲法9条を改正し、堂々と空母を持ち「こらぁ!集金兵!でかいツラして、あちこちを侵略してたら一発ぶち込むぞ!」と脅せばイイのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • geo***** | (2018/12/23 01:09)

    太平洋戦争開始時、日本は空母を8隻保有し、米国は4隻であった。終戦時までに日本は約10隻を建造したが米国は50隻近く建造した。日米戦争は結局この空母による決戦に敗れたことによって制海権および制空権を失い日本は敗れたと言っても過言ではない。旧日本海軍は日露戦争の日本海海戦での戦艦による艦隊決戦の勝利の味が忘れられず、太平洋戦争でも艦隊決戦を夢見て巨大戦艦を作り続けたが、航空機の護衛のない戦艦は海に浮かぶ巨大な鋼鉄の棺に過ぎないことを思い知らされた。今日、地上発射のミサイルや無人ドローンは、今日の空母を太平洋戦争時の戦艦と同様無用の長物と化している可能性がある。空母は恐らく今日補助艦として以上の意味はないのではないか。中国海軍のお偉方はアメリカ海軍の力の象徴である空母に憧れて、空母の量産に力を入れるようだが、旧日本海軍の時代遅れの大艦巨砲主義の轍を踏むことになるのではないか。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事