Record China

ヘッドライン:

日本の女子大生が恋愛について質問、中国外交部報道官の答えに会場爆笑―中国メディア

配信日時:2018年12月20日(木) 20時50分
拡大
中国メディアの環球網によると、19日に大阪大学で行われた交流会に出席した中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道局長に、日本の女子学生から恋愛に関する質問が投げかけられた。

この交流会は、中国公共外交協会の訪日に合わせて民間外交活動の一環として行われたもの。記事によると、関西外国語大学から参加していた女子学生が陸氏に「私には中国人の友達がたくさんいます。彼らはみんな『中国人の彼氏を作りなよ』と言います。私も、中国の男性は女性に優しいということを知っています。私の友達は中国の男性と付き合っています。2人はとても仲良しですが、友達の両親はあまり賛成していません。どうやって説得したらいいでしょうか」と質問した。

記事は、「この年代の若者は考え方が最も活発な時期。現代の日本の学生たちは親の世代のように形式ばることはなく、質問は中国経済の問題から日本のどんなところを旅行したいかといった内容までさまざま。こうした質問はある程度予想されていたが、この女子学生の恋愛に関する質問は本当に意外なものだった」とし、「陸氏は本職とは全く関係ない話題にも、拒否することなく受け答えた」と伝えた。



陸氏は、「あなたの友達は正しい。中国の男性は確かにとても優しいですよ。たとえば、私の後ろにいる2人の通訳のイケメン男性…そうそう、彼らはもう既婚者でした。その気にならないで」と話し、会場は爆笑に包まれたという。

さらに同氏は、「中日間の婚姻の問題については…日本社会がどう見ているのか分かりませんが、比較的オープンだろうと思います。中国でもこの問題はオープンです。私はすぐに福原愛さんと台湾の江(ジアン)さんの結婚を思い浮かべました」とし、「もちろん、私は日本の男性が優しくないと言っているのではありません…。私が思うに、結婚とは2人の感覚の問題で、国籍などは障害にはなりません。ご両親をどう説得すべきかも分かりませんが、ポイントは男性にあるでしょう。彼は相手方の両親に、娘を結婚させても安心だと証明する必要があります」と丁寧に答えた。さらに、随行していた日本人女性と結婚して25年になるメディア関係者の男性を呼び、経験を語らせたという。

記事はこの他、出席した日本の大学生が「I love China」と印字されたそろいのTシャツを着ていたことや、交流会には和歌山大学や神戸大学からも学生が参加していたことを紹介。「非常に敏感な質問もあったものの、全体としては温かい雰囲気だった」と伝えている。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング