【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

紀平梨花の水彩画描くフィギュアファンの中国人女性、全日本選手権に注目!

配信日時:2018年12月21日(金) 11時20分
紀平梨花の水彩画描く中国人女性、全日本選手権に注目!
画像ID  1053342
21日に開幕する全日本フィギュアスケート選手権に注目している中国人女性がいる。湖南省懐化市在住の石さん(30)だ。石さんは羽生らフィギュアスケート選手の水彩画を描き、ネットで公開している。写真はご本人提供。
「今一番絵になるフィギュアスケート選手は?」の問いに「紀平梨花」と答えたのは、湖南省懐化市在住の石さん(30)だ。

その他の写真

石さんは10年以上前からフィギュアスケートの熱狂的なファンで、自身が描いた水彩画をSNSで公開している。彼女の作品には、羽生結弦や宮原知子ら、日本人選手がモデルのものも少なくない。中でもひときわ目を引くのが、先日のグランプリ(GP)ファイナル女子シングルで見事な優勝を決めた紀平梨花(16)の絵だ。

「梨花を知ったのは去年のジュニアGPファイナル。その時は、特に注目はしていませんでした」――。しかし、シニアに転向した今シーズンは、紀平のプログラムに早くから注目していたという。「私は選手の『作品』に注目しています。今シーズンの梨花のプログラムは、ひと目で好きになりました。彼女の成長も感じられました」と石さんは語る。

12月、カナダのバンクーバーで行われたGPファイナル。平昌五輪金メダリストのロシアのアリーナ・ザギトワ(16)が本命と言われる中、ショートプログラム(SP)で82.51点の世界最高得点をマーク。フリーでも点差を広げ、優勝をものにした。紀平の優勝は「まったく意外ではなかった」という石さんは、その理由を「実力は元々伯仲していました。大会前のコンディションでは、紀平の方が良さそうでしたね」と話した。

紀平の絵はこれまで3回描いたことがあるという石さん。「描き始めると、そんなに時間はかかりません。繰り返し映像を見て、プログラム(演技)全体を象徴しているような動作を選んで描きます。一番難しいのは、静止画でどうやって『動き』を表現するか。フィギュアスケートには面白いステップがたくさんあって、それをどう表現するか模索中です。梨花のNHK杯の映像はとても良くて、たくさんのインスピレーションを与えてもらいました」と語った。

全日本選手権では、紀平の他に坂本花織にも注目しているといい、「花織の今シーズンのプログラムは(SP、フリー)どちらも情緒があります。残念ながら、これまでは完ぺきなパフォーマンスを見せられていませんが、全日本の舞台でそれを出してほしいです。彼女のSPの演技で水彩画を描きたいですね」と語った。(取材/北田
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事