2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国は量子レーダーを製作済み、ステルス機を無効化する―中国メディア

配信日時:2018年12月21日(金) 0時20分
中国は量子レーダーを製作済み、ステルス機を無効化する―中国メディア
画像ID  1053310
中国メディアの新浪網は20日「中国はすでに量子レーダーを造り出した。ステルス戦闘機はそれに対してほとんど効力を失った」と題する記事を掲載した。写真は米国のF―22戦闘機。
中国メディアの新浪網は20日「中国はすでに量子レーダーを造り出した。ステルス戦闘機はそれに対してほとんど効力を失った」と題する記事を掲載した。

従来型のレーダーとは電波を射出し、反射波を測定することで物体の存在を把握する技術だ。一方で、いわゆる「ステルス」とは、電波の反射を大幅に低下させる対抗策だ。

自然界には、人工的に射出する電波以外にも、さまざまな周波数の電磁波(電波)が飛び交っている(バックグラウンドノイズ)。ステルス性能を持つ航空機の探知が困難になるのは、大幅に低下したレーダー波の反射波とバックグラウンドノイズとの識別が困難になるからだ。

量子レーダーは量子エンタングルメント(量子もつれ)と呼ばれる現象などを利用することで、射出した電波の反射波とバックグラウンドノイズを区別して認識することにより、現状の「ステルス性」を無力化することが可能な技術とされる。

新浪記事は、中国は2016年には量子レーダーのテスト装置を製作したと紹介。さらに、11月に開催された珠海航空ショーでは、さらに規模な展示を行ったと指摘。量子レーダーの技術が大規模に応用されれば、ステルス戦闘機も完全に過去のものになるとして「いかなる飛行機器も量子レーダーの『法眼(ファーイェン=仏の眼)』から逃げることはできない」と論じた。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事