韓国興奮!世界遺産申請しようとした古墳から1500年前の星座図発見―中国メディア

Record China    2018年12月20日(木) 16時50分

拡大

19日、海外網は、「韓国興奮!」と題し、韓国がユネスコ世界文化遺産入りを目指している王室の古墳から約1500年前の星座図が見つかったことを伝えた。写真は末伊山古墳群。

(1 / 5 枚)

2018年12月19日、海外網は、「韓国興奮!」と題し、韓国がユネスコ世界文化遺産入りを目指している王室の古墳から約1500年前の星座図が見つかったことを伝えた。韓国メディアは「高い歴史的価値を持つ」と報じているという。

その他の写真

記事によれば、約1500年前の星座図が発掘されたのは、慶尚南道咸安郡にある王室の古墳。韓国メディアのテレビ朝鮮は「伽耶の時代の古墳から初めて見つかったもの。歴史的価値が高い」と評しているという。

星座図は墓穴の天井板に描かれ、全部で125個の星が示されており、いて座やさそり座を確認することができるという。韓国紙・ソウル新聞は「星の大きさや色あいが異なり、明るさを区別することができるのが最大の特徴」と伝えた。

韓国の東アジア史文化専門家は「古代の人は、この星座図を利用して気象を観測し、節気を判断し、農耕作業を行っていた可能性があると」指摘している。

記事は「咸安郡には大小1000基あまりを持つ末伊山古墳群があり、今回韓国世論を大興奮させた星座図は13号石室から発見された。現在、同古墳ではユネスコ世界遺産登録に向けた作業が進んでいる」と伝えた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

「おうち時間」に差をつけよう!“中国最高”のアナウンサー「Aちゃん」と学ぶ書籍「おもてなし中国語」刊行!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携