Record China

ヘッドライン:

手書きするのは自分の名前だけ!中国の若者、「漢字離れ」顕著に―独紙

配信日時:2012年12月11日(火) 12時10分
拡大
8日、携帯電話やパソコンの普及で正しい漢字を書けない中国の若者が急増。自分の手で字を書く機会が減ったことやネット用語の乱用などが原因だという。写真は山東省青島市の小学校の国語の授業。
(1/8枚)

2012年12月8日、環球時報によると、南ドイツ新聞は6日、中国の若者に深刻な漢字離れが広がっていると報じた。

その他の写真

中国語の文字は単なる字母の組み合わせではなく、これを書くには高度のスキルが必要だ。この文字を習得するには精神的にも肉体的にもかなりの苦痛を伴い、長年にわたる努力が必要だ。100年も前に、ある批評家が「中国の書き方練習は苦しい訓練である」として、これを改める必要があると説いた。さらに中国語の文字と話し言葉は別物であり、1つの文字を学ぶには書き方と発音の両方を覚えなければならない。

中国の康熙字典には約4万7000字の漢字が収められている。日常生活で使用する漢字は約3000字だが、ある調査では回答者の80%が「よく漢字を忘れる」と答えている。中国教育部も「漢字健忘症」にかかっている学生の増加を指摘。その原因の1つに受験戦争文化を挙げ、子供たちの頭の中が「数字と英語でいっぱい」だからだと分析した。さらに重要なことは、中国の若者が過度に電子機器を使用するため、文字を手書きするのは自分の名前だけという状況にあることだ。そのほかの文章はパソコンやスマートフォンで作成すればよい。電子機器で中国語の文章を作成するには、ピンインと呼ばれる中国語の発音表記をローマ字で打ち込む。そして現れた文字列のなかから適切な文字を選ぶ。こうして若者が漢字を手で書く機会はますます減少しているのだ。

さらに、インターネット上には「88、3Q(Bye−bye,thank you)」といったネット用語が氾濫しており、中国教育部の関係者も「グローバル化と最新技術が中国の伝統と言語に深刻な影響を及ぼしている」と危機感を露わにしている。(翻訳・編集/本郷)

関連記事

ランキング