日本の魚市場店主、金持ち中国人観光客に驚嘆「4500円のウニをプリンのように食べる」=中国ネット「少数派」「喜べない」

配信日時:2018年12月19日(水) 19時20分
日本の魚市場店主、中国人観光客に驚嘆「ウニをプリンのように食べる」
画像ID  1052874
19日、中国紙・新京報のウェイボー公式アカウントは、日本を訪れた外国人旅行者が今年初めて年間3000万人の大台を突破し、関西空港で記念式典が開かれたことについて伝えた。写真は日本の魚市場。
2018年12月19日、中国紙・新京報のウェイボー公式アカウントは、日本を訪れた外国人旅行者が今年初めて年間3000万人の大台を突破し、関西空港で記念式典が開かれたことについて伝えた。

記事は、訪日外国人客は、2013年に年間1000万人を超えてからわずか5年で3倍に増えたこと、石井啓一国土交通相が記念式典で20年の年間4000万人達成に期待を寄せたこと、関空に近い漁港の魚市場の店主が、中国人観光客について「もう本当に、一番いいやつを食べて、4500円のウニなんかでもプリンのようにスプーンですくって食べてますよ。すごいリッチですよ」と話していることなどを紹介した。

この投稿のコメント欄には、中国のネットユーザーから「彼らは土地成金の子女たち」「ほとんどの中国人はまだまだ貧しい」「『中国人』の前に『一部の』と加えるべき」など、こうしたリッチな旅行者は少数派だとする声が多く上がっていた。

また「外国人の中国人に対する印象は『愚かな金持ち』」「喜ばしいことではない」などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ぷっぷ***** | (2018/12/20 09:23)

    >「外国人の中国人に対する印象は『愚かな金持ち』」 そだね~。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/19 20:07)

     関空近く住んでいて、記事中の魚市場の様子も大体は想像が付く。先日は大阪の黒門市場に店を持つ知人と話していたが『今は客の半数以上が中国人。その残りの半分がその他の国の外国人。後は日本人観光客』と笑っていた…。  中国人に売るなというのは容易い。じゃあ代わりにオマエが買ってくれるのか…と言われるだろう(それも毎日毎日…)。それに問題は一部の富裕層ではなく、むしろ中産階級の訪日が圧倒的に増えている事。記事中にもあるように日本政府は、まだ増やそうと考えているのだ。  この『オーバーツーリズム』の問題には対処療法がある。簡単な話でビザの発給を制限すれば良いのである。ところが目先の欲をかいている政府は、逆に増やそうとしているのだ。(観光庁がようやく観光公害の実態調査には乗り出しているが…)。  日本は経済効果という数字だけを追うのではなく、適正人数だからこそ提供できる『質』の確保を図りたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事