Record China

ヘッドライン:

来年「コリアパッシング」が現実化する?韓国研究所の指摘にネットから懸念の声

配信日時:2018年12月21日(金) 22時40分
拡大
19日、韓国・ニューシスは「峨山研究院『韓国、来年も北朝鮮問題だけに集中したらコリアパッシングが現実化』」と題する記事を掲載した。写真は韓国大統領府。

2018年12月19日、韓国・ニューシスは「峨山研究院『韓国、来年も北朝鮮問題だけに集中したらコリアパッシングが現実化』」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国の民間シンクタンク・峨山政策研究院は同日、「2019年国際情勢展望報告書」を発表し、「選択によっては、周辺国の戦略的競争構図の下でコリアパッシングが現実化する年になる」と予想した。報告書は「自由主義と非自由主義の国際秩序の競争が激化し、分裂と戦略的競争が深まる」と指摘。さらに「地政学的競争が激化し、それに伴い北東アジア戦略構図をめぐる周辺国の選択圧力が増加する」とし、「韓国がもし選択を先送りして戦略的な曖昧性を貫けば、韓国は孤立に直面し、世界からの信頼が弱まるだろう」と懸念を示した。

また、米国との問題としては防衛費の分担や自由貿易協定の批准、自動車の関税など潜在的なものを挙げ、中国との問題はTHAAD(高高度防衛ミサイル)をめぐる意見の食い違いを挙げた。日本については「歴史問題での関係悪化は他の分野での協力を制限することになり、コリアパッシングが強まるため、北東アジア地域での韓国の立場を弱めることになりかねない」と説明。そのため「韓国が非核化など北朝鮮の問題だけに集中した場合、北東アジアの力学構図の変化や調整の過程で『コリアパッシング』が現実に起こる恐れがある」と指摘したという。

これを受け、韓国のネット上では「コリアパッシング?韓国は今や全世界から関心が集まってる」「ジャパンパッシングはあっても、コリアパッシングはないでしょ(笑)」など反論の声が上がる一方で、「北朝鮮の核問題は確かに重要な問題だが、国民の生活の方が重要」「統一がそんなに簡単に達成できると思う?韓国は5年で大統領が代わるから焦るのは分かるけど、北朝鮮への政策はもっと慎重に行うべき」「大統領選の時、国民は金正恩(キム・ジョンウン)の政権を助けてほしいと思って文在寅(ムン・ジェイン)大統領を選んだわけじゃない」「北朝鮮を好きなのは文大統領だけで国民は違う」など国の動きに警鐘を鳴らす声も上がっている。

中には「もうすでにパッシングされてるよね?」「北朝鮮、中国、米国、フランス、ドイツ、チェコなどからすでに粗末に扱われている」と嘆くユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング