あの言葉はうそではなかった!卓球グランドファイナル、日本が金メダル数で中国超え―中国紙

配信日時:2018年12月18日(火) 15時50分
「あの言葉」はうそではなかった!日本が金メダル数で中国超え
画像ID  1052486
中国紙・武漢晨報は17日、卓球のワールドツアー・グランドファイナルで中国が金メダル1個に終わったのに対し、日本は2個を獲得したことについて、「劉国梁はうそをついていなかった」と伝えた。
中国紙・武漢晨報は17日、卓球のワールドツアー・グランドファイナルで中国が金メダル1個に終わったのに対し、日本は2個を獲得したことについて、「劉国梁(リウ・グオリアン)はうそをついていなかった」と伝えた。

韓国仁川で開催されたITTFワールドツアー・グランドファイナルは16日に閉幕。日本は男子シングルスで張本智和が史上最年少優勝を飾り、女子ダブルスでは「みまひな」こと伊藤美誠・早田ひなペアが優勝を果たした。

一方、中国は今大会、男子ダブルスと混合ダブルスにはチーム事情でエントリーせず。出場した男子シングルス、女子シングルス、女子ダブルスの3種目のうち2種目で日本に敗れ、金メダルに届かなかった。

記事は「全種目で金メダルを獲得するどころか、金メダル数で日本に超えられた」としたうえで、中国卓球界のレジェンドである卓球協会の劉国梁会長がこうした状況を予見していたと紹介。劉副会長は12月初め、中国チームの成績に明らかな波と下落傾向があるとし、「前例のない厳しい状況に直面している」と指摘していた。

記事は「彼の言葉は決して大げさではなかった。中国卓球界は数十年にわたって『オオカミが来るぞ』と言い続けてきたが、今回は本当に来た」とし、「張本はわずか15歳。今後、彼のレベルは間違いなくまだ伸びる。そして、女子の最大のライバルである伊藤美誠もまだ18歳。2年後の東京五輪で中国が受ける挑戦は、今大会よりもさらに大きくなることは想像に難くない」と危機感を示した。

日本の若手選手の着実な台頭が、「王者」中国を脅かしている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2019/01/12 12:55)

    最近従来では考えられないほどの若さで活躍する人たちが出てきている。これは何かを暗示しているように思う。言葉の文字通りの新人類の出現だ。考えてみれば、現在の1980年代以降に生まれた人々は、距離というものを実感できなくなった第一世代である。彼らには昔は他人と緊急連絡を取ることがどれほど大変だったかなど想像もできないだろう。当時のアンケートに「あなたは待ち合わせでどれだけ待てるか」というのがあり、30分以内というのが一番多かったのを見たことがある。私自身待ち合わせで3時間近く連絡が取れずイライラしながら待ったことがある。移動も大変だった。また事実の調査も大変だった。インテリや学者、マスコミが権威を持ったのもそのためだ。人間も動物であり、環境が変れば進化を生ずる。いま大活躍を始めた世代は環境の大変化があった1980年以降の第二世代だ。この世代の中になぜか日本で新人類が出現し始めているようなのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事