華字紙が在日中国人留学生の2018年を振り返る=アルバイト事情に変化、最良の就職期、ジャン・ジンフーのDVスキャンダル

配信日時:2018年12月23日(日) 22時30分
華字紙が在日中国人留学生の2018年を振り返る=日本女性へのDVなど
画像ID  1052365
華字紙・中文導報(電子版)はこのほど、「在日中国人留学生の2018年、好機と挑戦が共存」とする記事を掲載した。資料写真。
華字紙・中文導報(電子版)は2018年12月18日、「在日中国人留学生の2018年、好機と挑戦が共存」とする記事を掲載した。

記事は、在日中国人留学生を取り巻く今年の主な動きとして、「アルバイト事情に変化」「最良の就職期が到来か」「(芸能活動を休止して日本に語学留学していた中国の人気俳優)蒋勁夫(ジャン・ジンフー)のドメスティックバイオレンス(DV)スキャンダルが留学生のイメージに傷」などを挙げた。

「アルバイト事情に変化」については、1990年には中国で修士号取得後に日本留学した男性でも、生活費を稼ぐためにバイト先の中華料理店で皿洗いに追われる苦しい日々を送らざるを得なかったこと、2000年ごろまでも中国と日本との間にはかなりの経済格差があり、日本に留学した中国人学生の多くは条件が悪くてもアルバイトをして何とか生計を立てていたことなどを紹介した上で、2010年に入ると、日本国内の人口減少と中国の経済成長によりこうした状況が一変したと指摘。中国人留学生もバイト先で差別されるようなことはなくなり、時給が1500円に達した中国人留学生もいることなどを紹介した。

「最良の就職期が到来か」については、「日本は近年、少子化と高齢化の二重の困難に直面し、深刻な人手不足が発生している。若い世代の労働力の継続的補充を確保するため、日本企業は徐々に外国人青年に注目するようになり、留学生の日本での就職は最良の時期を迎えているかもしれない」とし、「埼玉労働局が5月21日に企業向け留学生雇用セミナーを開催したところ、55社が参加した。その多くが人手不足に悩む中小企業だった。調査によると、19年春に大学を卒業する人の新卒求人倍率は1.88倍で、7年連続の上昇。中小企業では求人倍率が9.11倍と調査開始以来の最高になった」ことなどを紹介した。

「ジャン・ジンフーのDVスキャンダルが留学生のイメージに傷」については、ジャンの交際相手の日本人女性が11月20日、あざだらけで腫れ上がった衝撃的な自撮り画像をインスタグラムにアップし、翌日にも蒋に腹部を蹴られて流産したことなどを投稿すると、ジャンの親友を名乗る人物がDVの原因は女性側の私生活の乱れにあり、検査結果によると女性が妊娠したということもなく、女性の背後に反社会的勢力がいて、ジャンの家族は10億円の慰謝料を求められたと投稿するなどで、事態は混乱を極めたと紹介した。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事