Record China

ヘッドライン:

山中教授と中国人作家・莫言、ノーベル賞授賞式に臨む姿勢の違いに注目―中国版ツイッター

配信日時:2012年12月7日(金) 14時42分
拡大
10日(現地時間)に授賞式を控えたノーベル賞。医学生理学賞を受賞する山中伸弥氏は授賞式後に行われる晩さん会で、文学賞を受賞する中国人作家・莫言氏と隣同士に着席するとも報じられており、中国でも何かと注目を受けているようだ。写真はストックホルムへ発つ莫言氏。
(1/8枚)

2012年12月10日(現地時間=以下同)に授賞式を控えたノーベル賞受賞者たちが、次々とストックホルム入りしている。6日には「ノーベル週間」最初の公式行事となるノーベル博物館訪問が行われ、医学生理学賞を受賞する京都大の山中伸弥教授らが姿を見せた。山中教授は10日の授賞式後に行われる晩さん会で、文学賞を受賞する中国人作家・莫言(モーイエン)氏と隣同士に着席するとも報じられており、中国でも何かと注目を受けているようだ。

その他の写真

莫言氏は妻と娘のほかに、出身地である山東省高密市の文化・メディア関連当局の局長を帯同し、受賞式のために人民服や燕尾服など5着を持って現地入りする。一方の山中教授は、受賞式用の衣裳は現地の貸衣装屋で調達。現地へ持ち込んだのは燕尾服ではなく、執筆中の論文である。

“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトでは、自国出身の莫言氏を讃える声のほかに、山中教授を評価する声も聞かれている。

「カッコよすぎる」「イケメン科学者!」「歴代ノーベル受賞者で最高のイケメン」などという声や、「日本の科学技術はますます最先端をいっているな、とてもうらやましい」などといった賛辞が飛んでいる。

2人のスケール感を比較する声も多い。

「母親と妻を現地に帯同している山中教授が最もうれしいことは、25年ぶりに母親と海外旅行ができたことだという。莫言先生はいったい、誰を連れてくるだろうか?」

「莫言氏は家族のほかに3人の通訳や地元の有力者などを帯同し、非常に見栄えがする。それに比べて山中教授は地味なものだ」

こうしたつつましやかな山中教授の様子に、「中国が日本を超越したのはGDPだけではないようだ。どこをとっても中国が上」と吐いたコメントもあれば、「どうせ公費だろうが」と、莫言氏を批判する発言も。

「中国人の最もおかしな行為は、他人のことを道徳的に批判することだ。まるで人を裁くかのように嘲笑する。他の受賞者は賞金の一部を寄付するのに、莫言はそれをしなかったとか、莫言は衣裳を5着も準備しているのに、誰かさんはレンタル衣装だとか」といった、皮肉な意見も見られた。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

「これは一つの“ノーベル倫理学賞”である」、山中伸弥京大教授ノーベル賞受賞で―中国メディア

8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に成功した功績が認められ、京都大教授の山中伸弥さんにノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった。尖閣問題のあおりで反日感情が極度に悪化している中国でも、このニュースは大きく伝えられている。

Record China
2012年10月9日 11時36分
続きを読む

中国人にとって面白くない“ノーベルの季節”、「パクリしかできないから」と自嘲―中国版ツイッター

8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に成功した功績が認められ、京都大教授の山中伸弥さんにノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった。“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトにも、多くの関連投稿が確認された。

Record China
2012年10月9日 13時42分
続きを読む

<中華ボイス>劉暁波、「中国の闇に存在する最後の希望!」同じ受賞者でも違い過ぎる境遇―軍事専門家

6日、中国の軍事専門家・趙楚氏は、「彼は莫氏のように名誉ある場に行くことはできないが、彼の空席には中国の暗たんとした時代における最後とも言うべき尊厳と希望が座っている」と劉暁波氏と思われる人物に関して意見を述べた。写真は劉暁波氏。

Record China
2012年12月6日 15時34分
続きを読む

ランキング