Record China

ヘッドライン:

中国5つ星ホテルの衛生問題暴いた男性、個人情報流出の次は殺害予告=ネットは「男性を守れ」の声多数

配信日時:2018年12月17日(月) 20時40分
拡大
17日、中国紙・新京報などによると、中国の高級ホテルで国の基準を無視した不衛生な清掃が行われていたことを暴露する動画を投稿した中国の著名男性ブロガーがこのほど、殺害予告を受けたことを明らかにした。

2018年12月17日、中国紙・新京報などによると、中国の高級ホテルで国の基準を無視した不衛生な清掃が行われていたことを暴露する動画を投稿した中国の著名男性ブロガー「花総」氏がこのほど、殺害予告を受けたことを明らかにした。

報道によると、6年間ホテルを泊まり歩く生活を続けているという「花総」氏が先月、中国の複数の5つ星級ホテルの洗面所に隠しカメラを設置して客室清掃係が作業する姿を捉えるというやり方で、トイレ掃除とコップ磨きに同じ雑巾を使うなど不衛生な行為が横行している実態を暴露する動画をネット上に投稿すると、国内外のメディアで大きく取り上げられるなど注目を集めた。

中国メディアの封面新聞によると、「花総」氏が告発動画を投稿すると、その数日後には中国のソーシャルメディアのウィーチャット(WeChat)に「花総」氏のパスポートの顔写真や氏名、生年月日などが記されたページの画像が流出した。流出させたのは中国のホテル「ヒルトンガーデンイン貴陽(貴陽漢唐希爾頓花園酒店)」の従業員とみられる人物のアカウントで、「花総」氏の弁護人はホテル側にパスポート情報を流出させた人物について徹底調査を求める文書を送ったなどと伝えられていた。

そうした中、17日付の新京報によると、「花総」氏はこのほど、ある人物から「見つけ次第殺す」という内容の殺害予告を受けたこと、北京の警察当局が事件として立案したことを明らかにした。

この話題について、中国のネット上では「今度は口封じか」「ドラマのような展開だ」「花総氏の安全は守られなければならない。そうしなければ、ますます真相が欠けた社会になってしまう」「(殺害予告をした人物を)厳罰に処することができなければ、今後、勇気をもって真相を話す人はいなくなるだろう」「花総氏に万一のことが起きたら、どうやって国や党を信じろというんだ?」などの声が上がっている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国で高級ホテルに続き、ビジネスホテルチェーンでも衛生問題=ネット「泊まれるホテルはもうない」

4日、中国では先日、高級ホテルで不衛生な清掃が行われていたことを暴露する動画がSNS上に投稿され物議を醸したが、今度は大手ビジネスホテルチェーンに対する実地検査で、客室内のタオルや便座などから基準値を超える細菌が検出されたという。資料写真。

Record China
2018年12月4日 10時40分
続きを読む

ランキング