Record China

ヘッドライン:

「南京大虐殺」で江蘇チームを挑発した上海ファン、5日間の拘留処分に―中国メディア

配信日時:2018年12月17日(月) 13時0分
拡大
15日、環球網によると、中国プロバスケットボールCBAの試合で江蘇省のチームが南京事件にからんだ挑発を受けた問題で、当局は問題発言を男性ファンに5日間の拘留処分を下した。写真は試合会場。
(1/3枚)

2018年12月15日、環球網によると、中国プロバスケットボールCBAの13日の試合で江蘇省のチームが南京事件にからんだ挑発を受けた問題で、当局は問題発言をした相手チームの男性ファンに5日間の拘留処分を下した。

その他の写真

中国の「南京大虐殺国家追悼日」である13日は江蘇省南京市をはじめ、各地で追悼イベントが行われた。問題発言は「南京大虐殺はどうしてお前たちのチームを殺さなかった?」というもので、試合が開催された上海の警察当局は「調べを進めた結果、23歳の男性にたどりついた」と説明。「男性の行為は挑発騒動の構成に当たる」とした上で、「治安管理処罰法」に関する規定に基づき5日間の行政拘留処分を下したことを明らかにした。男性は自身の発言を反省しているそうだ。

当局は「民族の尊厳を踏みにじる行為は許されない。国家と民族の尊厳、人々の感情を傷付ける行為には断固とした態度で臨む」とも表明している。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「南京事件」に抗議し靖国神社で火つけ逮捕の中国籍男、背景判明し中国ネットでは批判的な声も

12日、東京の靖国神社の門周辺で紙のようなものに火をつけて「南京事件」の抗議活動をして、靖国神社に無断侵入した疑いで逮捕された中国籍の郭紹傑容疑者について、その詳しい経歴が伝えられ中国のネット上をにぎわせている。写真は靖国神社。

Record China
2018年12月13日 16時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング