Record China

ヘッドライン:

だから米国はウイルスに負けた―中国紙社説

配信日時:2020年5月15日(金) 8時20分
拡大
中国紙・環球時報は13日、「科学が政治に敗北、だから米国はウイルスに負けた」と題する社説を掲載した。写真はニューヨーク。

中国紙・環球時報は13日、新型コロナウイルスで世界最多の感染者数・死者となっている米国について、「科学が政治に敗北、だから米国はウイルスに負けた」と題する社説を掲載した。以下はその概要。

新型コロナをめぐって米国にははっきりとした2つの声が形成された。1つは大統領率いる執政チームと議員などによる声だ。彼らは各州の開放、経済の全面回復を主張している。もう1つは科学者らの声で、例えば疫学の専門家などは「国内で感染症は完全に制圧されていない。早すぎる経済活動の再開は感染症の新たなピークを出現させる」との警告を発した。

「中国に責任追及を」との声も完全に政治圏から出たものだ。米国の科学者でこの声を支持する人はほとんどおらず、疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は12日、CDCが1月2日から中国疾病予防センター(CCDC)と連絡を取り始め、個人としても翌3日に中国側関係者と科学レベルでの討論を始めたことに言及した。

新型コロナへの対抗は科学が主導する人民戦争であるべきだが、目下、「科学の米国」はいまだかつてない弱体化に陥り、「政治の米国」が強勢を呈している。大統領をはじめ高官や大物議員が科学の基本常識に背く豪語を繰り返し、企業活動の再開を強調して人々には専門家の話を全て信じないよう呼び掛けた。専門家がアドバイスした全国的な追跡・分析システムの構築推進を拒み、中国に責任を押し付けることで感染症をめぐる「政治バランス」を取ろうとしている。

感染症との闘いは人民戦争でなければならないが、米国人は科学的に対抗する十分な働きかけを得られなかった。マスク着用という簡単なことでも、米国では「長く曲折した道」となった。一方、社会に対する政治的な働きかけは一刻の停止もない。「感染症を恐れず、経済活動を再開し、中国をののしる」。これが、米政府が人々に絶えず注ぎ込んでいる「感染症との闘いの宝典」だ。

このような米国がどうやって応戦できるというのだろう。依然、統一戦略の形成はなく、ソーシャルディスタンスは流行の緩和という収穫を得ただけだった。強力な追跡能力を構築しない中でのやみくもな経済活動再開では、希望が現れたと思ってもすぐに新たなリスクに覆われてしまう。

米国の今回の表現は、この国の科学力を大きく裏切るものだ。「米国を再び偉大に」させる唯一の道は科学の精神を再び樹立することであり、特に新型コロナを科学で制圧することから始めねばならない。ウイルスが恐れるのは、人々が科学に基づいて配置する隔離壁だけだ。ウイルスは国境を認識せず、米国、中国の区別もしない。ウイルスはただ、弱いところに致命的な攻撃を仕掛けることだけを知っており、米国の感染者と死者の数は、今、世界で最も弱いのは米国だということを説明している。米政府は謙虚にこれまでを振り返り、改めて科学を政治の上に置くべきだ。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング