速やかにファーウェイを5Gネットワーク建設から排除せよ―カナダ安全情報局元局長

Record China    2019年1月23日(水) 6時40分

拡大

韓国メディア・ニューシスは22日、カナダ安全情報局の元局長が「ファーウェイのために中国政府は過激な行動をとる可能性がある」と発言したと報じた。写真はファーウェイの広告。

米華字メディア多維新聞は韓国・ニューシスの22日付けの報道を引用し、カナダ安全情報局の元局長が「ファーウェイのために中国政府は過激な行動をとる可能性がある」と発言したと報じた。

記事によると、リチャード・ファデン元カナダ安全情報局長は「カナダ政府は(ファーウェイの)危険を無視している。速やかにファーウェイを5Gネットワーク建設から排除し、カナダ人の安全を守るべきだ」と発言した。

これに先立ち、盧沙野(ルー・シャーイエ)駐カナダ中国大使は17日、「カナダ政府がファーウェイの5G通信ネットワーク建設を阻止すれば、悪い結果を生む可能性がある」と警告。これに対してカナダ政府が「われわれにはカナダにとって最も有利な決定をする権利がある。中国からの警告を無視し、ファーウェイの設備の安全性について調査を実施している」とコメントしていた。

また、カナダのラルフ・グッデール公安相も21日に「ファーウェイ以外にもカナダに5Gネットワークを提供できるサプライヤーはある」と発言したが、具体的な企業名については明らかにしていない。

ファデン氏は「中国はファーウェイのような自国企業を育てるためなら何でもやる。カナダ人への死刑判決もだ。では、カナダが柱となるネットワークを自由に選択した場合、中国はどんな対抗措置を取るだろうか」とも語っているという。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携