Record China

ヘッドライン:

「ポッキーをもらえなかったから」?韓国ロッテ役員のパワハラが物議

配信日時:2018年12月16日(日) 0時20分
拡大
14日、韓国・ハンギョレ新聞は、ロッテグループ系列広告代理店であるデホン企画の役員が部下たちを呼び出し、菓子を投げつけるというパワハラを起こしたと報じた。

2018年12月14日、韓国・ハンギョレ新聞は、ロッテグループ系列広告代理店であるデホン企画の役員が部下たちを呼び出し、菓子を投げつけるというパワハラを起こしたと報じた。デホン企画はこの事件に対する調査に着手し今月10日に結果を発表したが、当該役員への懲戒はなく、被害者に対する謝罪を勧告した程度だったという。

記事によると、役員は11月21日、ソウル駅近郊に位置するビルの一室に職員4人を集めた。役員は11月11日の「ペペロデイ」(※日本でいうポッキーの日)に会社がイベントとしてペペロ(※日本のポッキーのような菓子)を配ったことに関し、「どうして私には誰もペペロをくれなかったのか」と約30分にわたって大声を張り上げ、ペペロを投げつけた。役員は「ペペロデイに誰も私にペペロをくれなかった。皆はもらっただろう?」「誰も私にくれたことがない。どうして!」など業務と無関係な言葉を叫んだという。

デホン企画準備経営チームは事件直後に職員たちから情報を受け、真相調査に入った。その間、当該役員は通常通り出勤し、情報提供者を探し出そうとしていたという。会社側は約3週間にわたる調査を終えた後、今月10日に当該役員に対し、代表取締役の名義で「被害職員たちに謝罪せよ」という内容の警告状を送り、この事件を丸く収めたという。

事件現場にいなかった他の職員は「役員が部下に暴力的な行動をしたこと自体も問題だが、会社が役員のパワハラをきちんと取り締まっていない姿を見て、私もいつこんなパワハラに遭うかわからないという不安にさいなまれている」と話した。

これに対してデホン企画側は「役員は一般職員と雇用契約形態が異なり、減給や停職のような懲戒を課すわけにいかず、当該職位を下げるほどの事件ではないと判断した。また当該役員は人がいない空間に投げたと釈明した」とし、「当時現場にいた職員が集まった席で当該役員が謝罪するなど、会社ができる最大限の措置をした」と述べた。当該役員も「瞬間的に過ちを犯した。私が間違っていたということは正しい。情報提供者を探し出そうとしたのではなく、親しい部下何人かに(当該)職員たちを代わりに慰めてほしいと言っただけ」と釈明したという。

これを受け、韓国のネット上では「どれだけ自分に自信がなかったらこうなるのか。痛ましい記事」「ペペロの広告ちゃんとしているね。やっぱり広告会社の役員だ」「部下が悪かったね。年取った役員がどれだけ疎外感を覚えたらそんな風になるのか」「笑えるけれど悲しい」「もらえない理由がわかるね」などのコメントを残すユーザーが多い中、「会社のイベントとして職員にペペロをあげたのに、役員が抜けていたのは大きなミスじゃないのか」という冷静なコメントも見られた。(翻訳・編集/仲野)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング