「となりのトトロ」中国上映、見に行ったネットユーザーのある投稿が共感呼ぶ―中国

配信日時:2018年12月18日(火) 14時35分
「となりのトトロ」中国上映、見に行った人の「ある投稿」が共感呼ぶ
画像ID  1051575
16日、映画情報サイト「猫眼電影」はこのほど中国で公開された「となりのトトロ」のデジタルリマスター版を見たあるネットユーザーの感想を紹介している。写真は中国で上映された「となりのトトロ」。
2018年12月16日、映画情報サイト「猫眼電影」は中国で公開された「となりのトトロ」のデジタルリマスター版を見に映画館を訪れたネットユーザーの感想と、それに対する他のユーザーの反響を紹介した。

宮崎駿監督のアニメーション映画「となりのトトロ」のデジタルリマスター版が14日、中国で公開された。記事は「30年という時を経て、トトロファンはようやく映画館でトトロに会えたようだ」と伝えた。

また、「『となりのトトロ』を通じて、子ども時代の記憶を思い起こした大人も多かったようだ」とし、あるネットユーザーの以下のような書き込みを紹介。

「トトロを見に来ていたのは子どもばかりだった。大騒ぎはしないが時折『トトロだ!』と言葉を発したり、ヒソヒソ声で話したりしていた。だけど、不思議なもので初めてこういう子どもたちをうるさいと感じなかった。むしろ、心が温かくなるようなホッとした気持ちになれた。病んでるのかな?」

記事はこの書き込みを受けて「本作の初公開から30年。当時宮崎駿を追いかけていた人たちはみんな大人になっている。宮崎監督のアニメーションは純粋なストーリーで、子どもが見るのに適している。今回の上映が、また新たな若い世代のファンを増やしたようだ」と伝えた。

さらに、この書き込みに対して他のネットユーザーから「自分も年を取ったんだな」「私の前の列も小学生だった」「子どもたちの中に大人一人で気まずかった」といった声が寄せられたと伝えている。(翻訳・編集/和田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事