Record China

ヘッドライン:

羽生結弦が3年連続全日本欠場、中国のファンは羽生の「ある言葉」に不安募らせる

配信日時:2018年12月14日(金) 11時40分
拡大
13日、日本スケート連盟がフィギュアスケートの羽生結弦について、今月行われる全日本選手権を欠場すると発表した。羽生のファンが多い中国でもこの情報がすぐに伝えられ、微博にはケガの回復具合を案じる声が寄せられている。

2018年12月13日、日本スケート連盟はフィギュアスケートの羽生結弦が今月行われる全日本選手権を欠場すると発表した。羽生のファンが多い中国でもこの情報がすぐに伝えられ、微博にはケガの回復具合を案じる声が寄せられている。

微博で羽生に関する情報を集めて発信している個人アカウントは13日、グランプリシリーズ・ロシア大会で右足首のじん帯を損傷した羽生が、21日に開幕する全日本選手権を欠場すると紹介。「ロシア大会から心配してくださっている方々に深く感謝申し上げます。全日本選手権に向けてできることを尽くしていましたが、出場することができず非常に悔しく思います。今後、どうなるか分かりませんが、1日でも早く痛みや制限がなくなり、競技に復帰できるよう努めてまいります」という羽生のコメントを掲載している。

羽生は足首の故障により、先日のグランプリファイナルも欠場している。中国のネットユーザーは「うん、しっかり治してね」「私も、大会を休んで調整した方がいいと思う。プレッシャーも大きいしね。ちゃんとコンディションを回復してほしい」「あなたの決定を支持する!ちゃんと治るまでいつまでも待ってるよ」「体が第一。焦らずゆっくり回復してほしい」「おお神よ、彼の足の痛みを取り去りたまえ!」といった感想が寄せられた。

また、少なからぬユーザーが羽生のコメントの中身に注目。「『今後どうなるかわかりませんが』というコメントが気になる」「無理して出場しないようなのでちょっと安心したが、コメントからはケガの状況が軽くないことが感じられる」などと心配する声が並んでいる。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング