映画「一代宗師」のチャン・チェン、役づくり効果!武術大会で全国優勝―中国

配信日時:2012年12月4日(火) 13時41分
映画「一代宗師」のチャン・チェン、役づくり効果!武術大会で全国優勝―中国
画像ID  359662
3日、台湾の俳優チャン・チェンがこのほど、中国武術・八極拳の全国大会で優勝をおさめた。
2012年12月3日、台湾の俳優チャン・チェン(張震)がこのほど、中国武術・八極拳の全国大会で優勝をおさめた。文匯報が伝えた。

その他の写真

来月公開となるウォン・カーウァイ(王家衛)監督の最新作「一代宗師(グランドマスター(邦題仮題))」で八極拳の遣い手を演じ、主演のトニー・レオン(梁朝偉)と対決シーンも演じたチャン・チェン。役づくりのため、これまで3年にわたって八極拳を学んでおり、朝晩3時間ずつの練習を1日も休まず続けてきた。

そのチャン・チェンが先月末、中国・吉林省長春市で行われた八極拳の全国大会に出場。見事に優勝を果たす快挙を達成した。チャン・チェンによると、八極拳を学び始めたのは映画のクランクインに合わせた2009年のこと。すでに30代半ばという年齢だけに、柔軟性を上げるのは難しく、開脚や背中のトレーニングは涙が出るほどの激痛だったという。

クランクインから3年以上。途中で何度も撮影が中断され、迷走が続いた話題作。今月下旬の公開予定だったが、来年への上映延期が発表されるなど、まだまだ不安定な状況が続いている。しかし、チャン・チェンの優勝が、映画に大きな宣伝効果を添えることになった。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<