韓国製ヘリのフィリピン輸出が白紙に=韓国ネットがっかり

配信日時:2018年12月13日(木) 15時10分
韓国ネットがっかり!韓国製ヘリのフィリピン輸出が白紙に
画像ID  1050967
12日、韓国・朝鮮日報は、韓国航空宇宙産業が進めてきた韓国製機動ヘリ「スリオン」のフィリピン輸出が「事実上、白紙化された」と報じた。写真は韓国軍。
2018年12月12日、韓国・朝鮮日報は、韓国航空宇宙産業(KAI)が進めてきた韓国製機動ヘリ「スリオン」(KUH-1)のフィリピン輸出が「事実上、白紙化された」と報じた。

韓国軍関係者は11日、「機動ヘリ事業を進めていたフィリピン政府が、機体についてスリオンよりも米国製のブラックホーク(UH-60)を高く評価した」とし、「韓国は企業協力や各種の追加支援などを提示し力を尽くしているが、ひっくり返すことは事実上、困難な雰囲気だ」と話したという。

フィリピンのロレンザーナ国防相も最近、公に「ブラックホークの購入が最もよいオプションだとの結論を下した」「資金不足のためスリオンは10機しか購入できないが、ブラックホークは16機購入できる」などと述べていたという。

記事は「フィリピンへのスリオン輸出は、現政権が力を入れてきた事業」だと説明、こうした「価格競争力」が問題だと指摘している。さらに「海兵隊の韓国製上陸機動ヘリ『マリンオン』が墜落事故を起こしたことも影響を及ぼした」とも伝えている。

防衛事業庁関係者は「機体の評価はそのような結果になったが、また最終決定は出ていない」と話しているという。

KAIは9月にも米空軍の次期高等練習機(APT)事業の受注に失敗している。インドネシアと共同開発を進めている韓国製戦闘機(KFX)事業も、インドネシア側からの費用提供の遅れで危ぶまれる状態だという。産業研究院(KIET)によると、韓国の防衛産業トップ10社の昨年度売り上げは9兆5000億ウォン(約9563億円)で、2016年より約18%減少。輸出は1兆5000億ウォンで約35%減少しているという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「あきれた無能政権」「何一つ、結果を出せない大統領だ」「現政権になってから、まともに輸出できたものってある?原発もしくじったし」など、政権批判が多く寄せられている。また「スリオンが基盤のマリンオンが事故を起こした影響で、この機体への信頼度が落ちたせいだよ」「性能、大きさ、積載量の全てで劣るのに、価格はブラックホークより高かったらどうしようもない。韓国も無理して国産化しようとせず、そのお金でブラックホークを買って改良型を造ればよかったんだ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/麻江)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事