Record China

ヘッドライン:

iPhoneが買えなくなる?中国で販売差し止めの仮処分―中国メディア

配信日時:2018年12月12日(水) 19時0分
拡大
米アップル社の携帯電話が中国で買えなくなる可能性が出てきた。10日の夜にこのビッグニュースが伝わると、iPhoneを買う予定だった中国の「アップルファン」たちはびっくり仰天して、冷や汗が吹き出したという。写真はiPhone8。

iPhoneX」(アイフォーンテン)をはじめとする米アップル社の携帯電話が中国で買えなくなる可能性が出てきた。10日の夜にこのビッグニュースが伝わると、iPhoneを買う予定だった中国の「アップルファン」たちはびっくり仰天して、冷や汗が吹き出したという。中国新聞網が伝えた。

■クアルコム:iPhoneの7機種が販売できなくなる!

米クアルコム社は10日深夜、中国福建省福州市の中級人民法院(地裁に相当)は、アップルの中国子会社4社が特許を侵害しているとしてクアルコムが提訴した訴訟で輸入と販売を差し止める仮処分を出したと発表した。裁判所はアップルに対し、クアルコムの特許2件への侵害行為をただちに停止することを求め、これには中国における輸入、販売、使用許諾を受けていない製品の販売などが含まれる。

対象製品は、「iPhone6S」、「iPhone6S Plus」、「iPhone7」、「iPhone7 Plus」、「iPhone8」、「iPhone8Plus」、「iPhoneX」の7機種。

■アップルのコメント:まだ買える!

アップルは躊躇せず、すぐに「中国の消費者は引き続きすべてのiPhoneを購入することができる」とのコメントを発表し、アップルファンの不安を解消しようとした。

ネットユーザーたちはいきなり五里霧中の状態に置かれたようなものだ。結局、販売は禁止になるのだろうか。

これからも買えるのか、買えないのか。

現在の状況はこうだ。Xなどは天猫(Tmall)や京東のネットショッピングプラットフォームでまだ販売されている。アップルの公式サイトでは、8や8 Plusなどがこれまでと変わりなく販売されている。

複数の証券会社のアナリストが、「特許をめぐるトラブルは主に旧バージョンのiOS11システムをめぐるもので、まだアップルの販売に影響は出ていない」との見方を示す。

クアルコムとアップルの大手同士の今回の裁判は、販売という根幹に関わるだけに鋭く対立している。クアルコムは、「この裁判で争われている特許は、消費者が写真のサイズや見栄えを調整、再設定したり、端末でアプリケーションを閲覧、検索、終了したりする時、タッチパネルによってアプリを管理する技術に関わるものだ」と説明。クアルコムのダン・ローゼンバーグ副社長(法務顧問)は、「アップルは当社の知的財産権によってずっと恩恵を受けてきたが、当社への使用料の支払いを拒絶している」と述べた。

アップルも、「当社の製品を販売禁止にしようとするのはクアルコムの絶望的な措置にほかならない。クアルコムの違法行為は世界各地の監督管理担当者の調査を受けている」とのコメントを出した。

■最終的に販売禁止か?

達暁弁護士事務所の林蔚(リン・ウェイ)シニアパートナーは、「すでに出された販売差し止めの仮処分に対し、アップルは撤回を求めることができるが、撤回は上訴ではない。一般的に撤回は早く結論が出て、そして結論が変わることはまれだ。差し止めの仮処分が発効してしまえば、アップルは対象機種を出荷できなくなる」と説明する。

アップルは、「クアルコムは目下、以前に提訴した3件の特許について権利を主張しており、このうち1件はすでに失効した特許だ。アップルは裁判所を通じてあらゆる法的ルートを模索する」としている。アップルは裁判所に撤回を申請しており、これを「仮処分への上訴に向けた第一歩」と位置づける。

「最終的に販売が禁止になるかどうかは、裁判所の執行力にかかっている。当然のことながら、アップルも反訴によってクアルコムに別の制約を加えようとすることは間違いない」との分析もある。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング