Record China

ヘッドライン:

第1回「海南島国際映画祭」でニコラス・ケイジら登場、ジャッキー・チェン最新作もお目見え―中国

配信日時:2018年12月12日(水) 21時40分
拡大
1/6枚
2018年12月11日、海南省三亜市で「第1回海南島国際映画祭」が開幕し、オープニングセレモニーには米俳優ニコラス・ケイジらが華やかに登場した。新浪が伝えた。

その他の写真

今年からスタートした海南島国際映画祭は、海南島にある三亜、海口、瓊海の3市をつなぎ、「島全体で映画祭」を目指す映画の祭典。第1回は約30カ国・地域から100本を超える作品が参加し、今月16日までの6日間にわたって開催される。

11日夜に三亜市で行われたオープニングセレモニーには、ハリウッドから俳優ニコラス・ケイジや女優のマギーQが登場。中華圏からも俳優のチャン・チェン(張震)やワン・バオチアン(王宝強)ら、人気スターが華やかにレッドカーペットを飾った。

13日~16日には中国映画の最新作が出そろう「2019新片推介会」も開催予定。ジャッキー・チェン(成龍)のファンタジー時代劇「神探蒲松齢」(The Knight of Shadows: Between Yin and Yang)をはじめ、注目度の高い作品が初お目見えとなる。(翻訳・編集/Mathilda
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

“台湾のアカデミー賞”金馬奨、「1つの中国」政治色でピリピリムードに、中国映画のパーティーも急きょ中止―台湾

17日、“台湾のアカデミー賞”金馬奨の授賞式が台北市で行われたが、「1つの中国」「台湾独立」をめぐる発言で、映画の祭典が一転して政治色の目立つものに。中国映画のアフターパーティーが相次いで中止されるなど、思わぬ事態が発生している。

Record china
2018年11月18日 12時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング