中国でカナダ人拘束、カナダ政府が中国への渡航警告検討―中国メディア

配信日時:2018年12月14日(金) 18時20分
中国でカナダ人拘束、カナダ政府が中国への渡航警告検討―中国メディア
画像ID  1050775
14日、海外網は、「カナダ人のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことを受け、カナダ政府が中国渡航に関する警告を検討中」と報じた。写真はカナダ国旗。
2018年12月14日、海外網は、「カナダ人のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことを受け、カナダ政府が中国渡航に関する警告を検討中」と報じた。

カナダのトルドー首相は先日、コブリグ氏拘束について中国当局と直接交渉を行っていると説明、「政府は事件を非常に重く受け止めている」と発言した。記事はグッデール公安相が「モニタリングシステムでカナダ人に対するリスクや脅威を分析中」としたことに言及した上で、「カナダ政府は渡航警告によって中国との外交関係上の緊張が高まることに注意を払っている」と説明。このほか、コブリグ氏の元上司からコブリグ氏拘束は華為技術(ファーウェイ)幹部逮捕に対する中国の報復との指摘があったとも伝えた。

これまでコブリグ氏は元外交官と報じられていたが、実際は休職中という。元上司は「報復する上で外交官をターゲットとすることが最も効果的と中国は考えたのだろう」との見解を示しているという。(翻訳・編集/野谷
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 日本人***** | (2018/12/14 20:23)

     カナダ人に限った話ではないし、外交官に限った話でもない。能天気な日本人観光客だって、何をデッチ上げられて・拘引されるか分かったものではないのだ。いくら無実を訴えても・まともな法治国家ではないのだ。帰国させる事をエサに罪を認めさせ、認めさせた罪を根拠に日本に譲歩を迫る…。全ての日本人は無責任な中国渡航が招く危険を自覚すべきであろう。また日本政府には、このようなケース発生時でも決して譲歩はしない覚悟を持っておいてもらいたい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/12/14 20:11)

    もっと早くに検討、実行すべきだったかもしれない。中国にとっては常套手段なんだし・・・ もっとも、やり過ぎるとそういう人が多くなるだけかもしれないけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹陽***** | (2018/12/14 19:26)

    早くした方が良いよ、特に民間人の国外退去を推し進めた方が良いですよ 日本の例だと仕事で招かれたのに有りもしない冤罪で拘束された上に処刑された事もありますからね
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事