Record China

ヘッドライン:

中国でカナダ人拘束、カナダ政府が中国への渡航警告検討―中国メディア

配信日時:2018年12月14日(金) 18時20分
拡大
14日、海外網は、「カナダ人のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことを受け、カナダ政府が中国渡航に関する警告を検討中」と報じた。写真はカナダ国旗。

2018年12月14日、海外網は、「カナダ人のマイケル・コブリグ氏が中国で拘束されたことを受け、カナダ政府が中国渡航に関する警告を検討中」と報じた。

カナダのトルドー首相は先日、コブリグ氏拘束について中国当局と直接交渉を行っていると説明、「政府は事件を非常に重く受け止めている」と発言した。記事はグッデール公安相が「モニタリングシステムでカナダ人に対するリスクや脅威を分析中」としたことに言及した上で、「カナダ政府は渡航警告によって中国との外交関係上の緊張が高まることに注意を払っている」と説明。このほか、コブリグ氏の元上司からコブリグ氏拘束は華為技術(ファーウェイ)幹部逮捕に対する中国の報復との指摘があったとも伝えた。

これまでコブリグ氏は元外交官と報じられていたが、実際は休職中という。元上司は「報復する上で外交官をターゲットとすることが最も効果的と中国は考えたのだろう」との見解を示しているという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング