Record China

ヘッドライン:

「次は日本語で交流したい」話題の台湾ドラマ出演者が東京でファンミーティング

配信日時:2018年12月11日(火) 19時50分
拡大
台湾の2017年最大の話題ドラマと言われた「アテンションLOVE」のファンミーティングが11月23日に東京で開かれ、主要キャストの4人が参加した。写真左からライリー・ワン、ジョアンヌ・ツァン、プリンス・チウ、デヴィ・チェン。
(1/14枚)

台湾の2017年最大の話題ドラマと言われた「アテンションLOVE」のファンミーティングが11月23日に東京で開かれ、主要キャストの4人が参加した。同イベントは日本での放送やDVDリリースを記念したもので、ジェスチャーゲームやドラマのシーンの再現などでファンと交流した。

その他の写真

同作は日本でも大ヒットした台湾ドラマ「イタズラな恋愛白書」や「結婚なんてお断り!?」の制作チームが再集結して作られた作品。今年初めごろから各地方局で放送され、DVDも販売とレンタルを行っている。台湾のアイドルグループ・Lollipopの元メンバーであるプリンス・チウ(邱勝翊)が主人公を演じ、ヒロインは台湾の歌手グループSweetyのメンバー、ジョアンヌ・ツァン(曾之喬)が演じた。

同作は恋のバトルを繰り広げる青春ラブコメディーで、日本でも上映された台湾映画「私の少女時代」に出演したデヴィ・チェン(簡廷●、●=草かんむりに内)が主人公に恋心を寄せる役を、台湾のアイドルグループ・SpeXial(スペシャル)の元メンバーのライリー・ワン(王以綸)がヒロインに恋する役を演じている。

イベントには前述の4人が参加し、約800人のファンが詰めかけ、日本人のファンが9割を占めた。中国語で4人に話しかけるファンや事前にプレゼントを用意するファンもおり、4人は日本のファンの熱気に驚いたと語っている。

日本についてプリンス・チウは「お寿司」、ライリー・ワンは「叙々苑の焼肉」が好きと話し、ジョアンヌ・ツァンは「東京・大阪・沖縄が好き。最近行った福岡も好きになった」と話している。さらに、デヴィ・チェンはコンビニの明太子おにぎりが好きで、プライベートで日本をよく訪れ、買い物を楽しんでいるという。

また、日本のファンに向けてプリンス・チウは「もっと日本語を勉強して、次回はみんなと日本語で交流したい」とメッセージを送り、ジョアンヌ・ツァンは感謝の言葉を述べ、デヴィ・チェンとライリー・ワンはまた日本のファンに会いたいと語っている。(編集/内山

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

急浮上した「中台問題」の余波、ドラマ「如懿伝」の記者会見中止、主演ジョウ・シュンら姿見せず―台湾

18日、政治問題で揺れた“台湾のアカデミー賞”金馬奨の余波を受けて、ドラマ「如懿伝」の記者会見が急きょ中止に。主演俳優や女優が会場に到着しながら、姿を見せないという異常事態となった。写真は金馬奨授賞式のジョウ・シュン。

Record China
2018年11月19日 11時0分
続きを読む

ランキング