2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

電子決済普及の中国、現金払い拒否する店が続出=店に罰金も―台湾メディア

配信日時:2018年12月12日(水) 15時40分
電子決済普及の中国、現金払い拒否する店が続出
画像ID  1050543
11日、台湾・中央社によると、電子決済が急速に普及している中国で現金払いを拒否する店が続出しているが、中国当局がそうした店に罰金を科したケースが過去5カ月で602件に達したことが分かった。
2018年12月11日、台湾・中央社によると、電子決済が急速に普及している中国で現金払いを拒否する店が続出していることが分かった。

中国人民銀行は7月、「いかなる個人や企業も現金による支払いを拒否してはならない」とする公告を発表した。現金拒否で罰金を科されたケースは、過去5カ月間に602件に達したという。

電子商取引大手・アリババ集団傘下のスーパー「盒馬鮮生」は、完全会員制でスマホのアプリ以外での支払いができず、一部の会員は不満を募らせていた。このため当局の重点摘発対象になり、「盒馬鮮生」は上海市内の店舗に現金払い専用のレジカウンターを設置するなど対策を進めているという。

中国人民大学の専門家は「現金払いを拒む行為は、人民元の法的な地位をおとしめるだけでなく、消費者の選択権を奪うことにもなる。公平な市場競争を形成するのに不利になる」と話しているそうだ。(編集・翻訳/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tak***** | (2019/01/16 16:44)

    銀行のATMからも偽札が出てくる国だから、危なくて現金取引ができない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本人***** | (2018/12/12 18:09)

     つい先日は、スマホ決済が『中国のような科学技術発達国ではいかなる心配事も解決済み』などと自惚れて、日本人観光客をディスってたくせに…。  現金決済を避けるのは米ドル市場でも多く(こちらも偽札の横行による)、日本でもその傾向にあるが(こちらは利用者の利便性と店員の負担軽減)、中国の場合の理由の特徴は、店員による横領(ちょろまかし)対策の側面であろう。  人民元の信用以前に、中国人の民度が・中国人に信用されていないのだ。  これでは、恥ずかし過ぎるので現金の使用を拒否できない=罰金制度で強制しようとするのだろうが、中国人自身が最も中国人を知っているので、現金取引の信用性など回復はしないと思う。  せいぜい科学発達国と自惚れているがいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ぷっぷ***** | (2018/12/12 16:57)

    >現金による支払いを拒否してはならない 一文が抜けている → ただし偽札による支払いは拒否できる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事