こんなものまで立った!中国高速鉄道の安定性にビックリ―中国メディア

Record China    2018年12月11日(火) 7時40分

拡大

央視新聞は9日、中国で試運転が行われた杭州と黄山を結ぶ杭黄高速鉄道を紹介し、その安定性を高く評価した。

央視新聞は9日、中国で試運転が行われた杭州と黄山を結ぶ杭黄高速鉄道を紹介し、その安定性を高く評価した。

記事によると、まもなく開通する同高速鉄道は全長265キロ、最高時速250キロ。杭州から黄山までは最速で1時間26分。橋やトンネルが非常に多く、全体の8割以上を占める。西湖、千島湖、黄山、宏村などの国家級の景勝地を通ることから「最も美しい高速鉄道」とも呼ばれているようだ。

記事では、年末の開通に先駆け、6日に試運転した列車に乗った記者の感想として「一番のポイントはとても安定していることだ」と紹介。トンネル内を250キロで走行中に縦に3本積んだペットボトルは倒れることはなかったといい、「3本のミネラルウォーターが人々を驚かせた」と伝えている。



国営鉄道会社の中国鉄路総公司によると、2018年末までに杭黄高速鉄道を含む10の新路線が開通する予定だという。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

社会 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携