カナダ国籍に変更の中国人が増加、2018年は7600人―中国メディア

配信日時:2018年12月27日(木) 23時10分
カナダ国籍に変更の中国人が増加、2018年は7600人
画像ID  1050135
27日、今年カナダ国籍に変更した中国人の数が7600人余りに上ると伝えられた。
2018年12月27日、環球時報によると、今年カナダ国籍に変更した中国人の数が7600人余りに上った。

記事はインド紙ザ・タイムズ・オブ・インディアの26日付報道を引用。カナダ当局が提供したデータによると、今年の1月から10月までに約14万人の外国人がカナダ国籍を取得したという。最も多いのはフィリピン出身者の1万5642人で、次に多かったのはインドの1万5016人となっており、中国出身でカナダ国籍を取得した人の数は前年同期比27%増の7609人だった。この統計はあくまでも概算で、最終的な数字はもっと多くなる見込みだという。

オンタリオ州の法律専門家は「2017年よりカナダ国籍申請資格が緩和され、特に永住者の居留期間の要件が従来より1年短縮された」とカナダ国籍取得者増加の理由を分析している。当局によると、資格緩和を実施した2017年10月から1年間の同国籍取得者数は前年同期比で40%も増加したという。

また、2017年にカナダの永住権を取得した外国人は28万6000人で、インド人が5万1651人と最も多く、次にフィリピン人の4万857人、中国人の3万270人と続いている。記事は、カナダの技術業界が成長を続けていること、米国のトランプ政権が保護主義を掲げていることから、カナダの国籍や永住権を取得する流れは今後も持続するとの分析が出ていることを紹介した。(翻訳・編集/川尻
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アンギ***** | (2019/01/07 20:26)

    こうやって世界各地に植民地を作っていくんだよな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/12/29 02:09)

    中国の何が怖いって、人海戦術なんだよね。 移民は別に構わないのだが、それにしたって無軌道に受け入れていては、いずれカナダなのか中国なのか分からなくなる。 特に中国人は移民した先で中国人街を作り、頑なに故郷の文化を堅持しようとする。 相互扶助はいいとしても、時にそれは政治を左右する勢力にもなり得る。 現に、東南アジアでは華僑系の指導者が誕生する例も少なくない。 移民した先ではそこに溶け込むように努力をし、中国人ではなく、その国の国民であるという意識を持つべきだ。 まあ、カナダの事はカナダ人が決めればいいが、今現在、日本も安倍政権がゴリ押しで決めようとしている外国人奴隷制度で、この先どうなるか分からない状況が生まれている。 確かに日本は歴史的に中国等外国の影響を受けてきたが、だからといって外国人の支配を受けたいとは思わない。 少子化で日本人が減り、外国人が増え続ければ、そういう事も起こりうる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/28 16:16)

    スパイの大量投入政策であろう。先端技術を盗んだら即帰国して、中国籍にもどるつもりである。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事