Record China

ヘッドライン:

中国空母の着艦成功、市民は“空母スタイル”で熱狂=乗組員のポーズまね―米メディア

配信日時:2012年11月28日(水) 22時35分
拡大
28日、中国軍初の空母「遼寧」で艦載機「殲15」が着艦訓練に初めて成功したことを受け、空母の乗組員が戦闘機を誘導するポーズが中国国民の間に人気を呼んでいる。写真は乗組員をまねてポーズをとる人々。
(1/8枚)

2012年11月27日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国軍初の空母「遼寧」で艦載機「殲15」が着艦訓練に初めて成功したことを受け、空母の乗組員が戦闘機を誘導するポーズが中国国民の間に人気を呼んでいると伝えた。環球網の28日付の報道。

その他の写真

記事によると、乗組員をまねて片手を大きく伸ばした写真をインターネット上に掲載する人が続出。中国のインターネット利用者は、韓国発の大ヒット曲“江南スタイル”ならぬ“空母スタイル”と呼んで喜んでいる。

艦載機の離着艦試験成功は、中国人にとって成功の証であり、国民は中国がついに世界水準に達したと感じているという。このためネット上には老若男女を問わず、“空母スタイル”でポーズを決めた人々の写真が続々と投稿されている。ネット利用者は「江南スタイルの海賊版だから“空母スタイル”だ」と命名し、試験成功を祝っている。(翻訳・編集/AA)

関連記事

空母への離発着に成功したパイロットたちは、宇宙飛行士並みの選抜を経たエリートぞろい―中国

25日、中国新聞網は記事「J−15艦載機パイロットの選抜・育成の難度は宇宙飛行士並」を掲載した。予想をくつがえし就役2カ月での離発着を成功させた中国人民解放軍。操縦を担ったのは厳しい条件をくぐり抜けたエリートパイロットだ。資料写真。

Record China
2012年11月26日 10時14分
続きを読む

ランキング