Record China

ヘッドライン:

空から料理が降りてくる話題のレストラン。アトラクション系の無人レストラン?!

配信日時:2018年12月11日(火) 6時50分
拡大
無人レストランといえば、上海ではアリババグループのロボット・レストラン(上海市南翔)がホットな話題になっているが、実は、中国最大の口コミ投稿サイト「大衆点評」で、じわじわ人気が出てきているレストランがある。
(1/10枚)

無人レストランといえば、上海ではアリババグループのロボット・レストラン(上海市南翔)がホットな話題になっているが、実は、中国最大の口コミ投稿サイト「大衆点評」で、じわじわ人気が出てきているレストランがある。それが、2018年10月、上海にオープンしたばかりの「失重餐庁(スペースラボ/spacelab)」だ。

その他の写真

この「失重餐庁」は、もともとはドイツにオープンしたスマートレストランで、このレストランが爆発的にヒットし、世界に進出。アジア初となる出店は北京で、2017年に中国での1店舗目をオープン、その後、蘇州と上海に店舗を展開し、現在、深圳に第4店舗目をオープン予定だ。

上海は世界で第10番目の出店地になるが、中国の店舗は、中国の消費者受けするような設計やコンセプトに工夫していると言う。注目すべきこの「失重餐庁」の特徴は、「宇宙(スペース)」をテーマに、未来都市のレストランをイメージした遊び心満載の設計とそのサービスシステムだ。

店内にところせましと設置されたレーンをミニコースターが走り、料理を運ぶのだが、そのスピードが、まさにジェットコースーター並みで、写真をとるのさえ難しい。注文の仕方だが、席にあるタッチパネルで注文し、事前に支払いをすませる。支払いはアリペイ(支付宝)やウィーチャットペイ(微信支付)などのスマホ決済のほか、現金も使えるというので、スマホ決済が困難な高齢者や外国人観光客にも便利だ。

支払いが済むと、後は注文した料理がミニコースターで運ばれてくる。席の前にある螺旋状のレーンをくるくるまわりながら降りてくるのを待つだけだ。ミニコースターが運ぶ容器の色は青、緑、黄色の3種類あり、席にあるペーパーランチョンマットの色と同じ色の容器で運ばれてくる。

店内の入口から席まで案内されると、スタッフから「このペーパーの色と同じ容器で運ばれてくるシステム。お客様の色は緑なので、緑の容器で運ばれてくる。他の色は取らないように」との説明がある。

無人レストランということだが、食後の容器の回収やシステムの使い方を説明するスタッフはいるし、一部メニューはスタッフが運んでくるので、全くの無人ではない。ただ、注文から支払いまで、スタッフと言葉を交わさずとも完結できる。

メニューはハンバーガー、パスタ、ドイツソーセージなどで、異なる年齢層に対応しているという。実際、平日は周辺オフィスの出勤族、週末は子ども連れファミリーと、客層もわかれていた。

レジャー施設でアトラクションの順番待ちをしているかのようなワクワク感が体験できるので、子どもにも大人気で、子ども連れファミリーのリピーターが多い。料理を運ぶミニコースターを目で追う子どもの姿が微笑ましい。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「空から料理が降りてくる話題のレストラン」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

ランキング