Record China

ヘッドライン:

2019年のスマホ業界、サムスンとファーウェイが激しいシェア首位争いへ―中国メディア

配信日時:2018年12月29日(土) 18時30分
拡大
環球網は26日、サムスンとファーウェイが来年スマートフォンのシェア1位の座をめぐる激しい戦いを繰り広げることになると報じた。写真はファーウェイの店舗。

環球網は2018年12月26日付で、サムスンファーウェイが来年スマートフォンのシェア1位の座をめぐる激しい戦いを繰り広げることになると報じた。

記事はまず、iPhone Xを発表して間もないアップルについては来年特に大きな変化がないと予測。激しい争いはスマホ出荷量の1位と2位を争うサムスンとファーウェイとの間で展開されることになり、「両者の対決は2019年の『興味深い出来事』の一つになるだろう」と予測した。

そして、両者がいずれも折り畳み式のスマホを発売する計画を立てていると紹介。その背景には、世界のスマホ市場が停滞状況にあること、消費者の考え方に変化が生じ、以前のようにあらゆる最新型のモデルを競うように買う傾向が弱まったことがあるとし、折り畳み式スマホは新たな購買意欲を呼び覚ますためのものだ主張した。

米国やその関係国で情報の窃取が指摘されるなど、不利な状況に立たされているファーウェイだが、記事によるとスマホの出荷は依然として好調で、2018年のスマホ出荷台数はすでに2億台を超え、サムスンが維持してきたシェア1位の座に迫りつつあるという。一方のサムスンは2018年第3四半期の(1―9月期)時点ですでに2億2300万台前後を出荷しており、本格的な勝負はやはり来年ということになりそうだ。

記事は「サムスンは世界的に有名なブランドで、西洋諸国において一定の影響力を持っているが販売数はやや減少している。一方でファーウェイはほぼ完全に西洋と米国といった市場を捨てている。もし、ファーウェイが来年サムスンを王座から引きずり下ろせば、2019年は間違いなくスマホ業界にとっては『興味深い』年になるはずだ」と論じた。(翻訳・編集/川尻

【新型肺炎対策】
自宅に幼児がいる方向けの書籍をレコードチャイナが翻訳しました。
中国の専門家がQ&A形式で回答しています。
ぜひ周りの方に共有お願いします。記事はこちら

関連記事

観光地で「ファーウェイの携帯持ってる人は無料」、マーケティングか差別か―中国メディア

18日、環球網は、河南省にある観光地で「ファーウェイのスマホを持っている人だけ入場無料」のキャンペーンが行われ、正当な販促活動か、それとも不公平かつ差別的な措置かで議論が巻き起こっていると報じた。写真はキャンペーンを実施した神農山風景区。

Record China
2018年12月22日 18時30分
続きを読む

サムスンの米国向けCM、iPhoneの10年史を「ディスっている」と話題に=韓国ネット「事実に基づいた広告」「レベルが低い」

6日、米アップル社がiPhoneの10周年を記念するスマートフォンの最新モデル「iPhoneX」をこのほど発売したが、韓国のサムスン電子がiPhoneの10年の歴史を「ディスる」広告を米国で出したと、韓国・聯合ニュースなどが報じた。資料写真。

Record China
2017年11月7日 23時30分
続きを読む

ランキング