Record China

ヘッドライン:

ファーウェイ問題は米中貿易協議に影響なし、先端技術の主導権争いは激しさ増す―海外メディア

配信日時:2018年12月12日(水) 18時40分
拡大
中国の通信機器大手・ファーウェイのCFOがカナダで逮捕されるなど、米中間で緊張が高まっていることについて、各国メディアが伝えている。

2018年12月11日、参考消息(電子版)によると、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)・最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕され、米中間で緊張が高まっていることについて、各国メディアが伝えている。

仏AFP通信は、米通商代表部(USTR)のロバート・ライトハイザー代表が米中貿易戦争の回避を目指す合意達成の期限とした2019年3月1日について、「厳格な期限」だとする見解を示したと報じた。また、ファーウェイCFOの逮捕については、「貿易協議の妨げにはならない」との考えを明らかにしたという。

米ブルームバーグは、ファーウェイCFO逮捕で米中間の緊張状態はいっそう厳しさを増したと伝えた。「貿易協議に影響はないとの考えが示されたが、交渉の先行きに対する懸念は払拭できていない」と指摘している。

シンガポール華字紙・聯合早報は、「ファーウェイCFO逮捕により米中間で生じている問題がいっそう激しくなった」と伝えた。中国外交部の楽玉成(ラー・ユーチョン)副部長が9日に米国大使を呼び強く抗議し、逮捕状を撤回するように求めたほか、カナダに対しても強く批判したことを報じている。

香港のサウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国外交部が米国大使を呼びつけ、「ファーウェイCFOが理不尽な理由で逮捕された」と再度抗議したと伝えた。豪シドニー・モーニング・ヘラルドもこの件を伝えている。

スペインのエル・パイス紙は、「米中間で貿易摩擦だけでなく、ファーウェイCFOが逮捕されるなど、先端技術をめぐる主導権争いは激しさを増し、とどまるところを知らない」と報じた。また「中国はいまだ産業を支配するコア技術の多くを海外から輸入する必要があり、貿易協議は中国が不利な立場にある」と指摘した。

一方で、ロシアトゥデイは、「ファーウェイCFO逮捕は米国が以前から行っていた中国先端企業排除の動きの延長にある」とするロシア諸民族友好大学の専門家の指摘を紹介。「ファーウェイは中国にとって米国のコカ・コーラのようなシンボル企業であり、そのCFOを逮捕させたことは米国からの強いメッセージに他ならない」と伝えた。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国メーカー排除の日本、「報復は避けられない」と主張=一方で「日中関係回復の動きに八つ当たりするには及ばない」とも―中国紙社説

10日、環球時報は、日本政府や日本企業が次世代通信サービスの構築において中国メーカー製品を排除する意向を示したことに対し、「必ずや自らの利益を損なうことになる」と非難する社説を掲載した。写真はファーウェイ。

Record China
2018年12月11日 14時0分
続きを読む

ファーウェイ幹部逮捕は米中首脳会談当日、創業者は過去に「米国の圧力の相手は…」―米華字メディア

6日、ファーウェイ幹部が米国の要請を受けたカナダ当局に逮捕されたとのニュースに衝撃が走った。こうした中、多維新聞は、創業者が「米国の圧力の相手は華為ではなく中国」と過去に発言していると報じた。写真はファーウェイの店舗。

Record China
2018年12月6日 16時10分
続きを読む

ランキング