抜け毛外来の半数以上が1990年代生まれの若者たち

配信日時:2018年12月7日(金) 12時50分
画像ID 
抜け毛と言えば、これまでは中高年に多くみられるという印象が強かったが、近年では、ますます多くの若者たちが抜け毛の話題を口にするようになっている。しかも、これはネットでネタとして注目を集めているだけではなく、病院外来で受診する患者の世代をみても、「90後(1990年代生まれ)」がすでに抜け毛の悩みを抱える主力軍となっていることが明らかになっている。

毎週金曜午前に、抜け毛専門の診療をしている浙江省立同徳病院皮膚科の王一楓主任医師は、「診察に訪れる患者は年々増加し、患者の半数近くが90後だ」としている。

専門家によると、まだ若い「90後」世代に抜け毛が多くみられるのは、主に睡眠時間や食生活、使用しているシャンプーなどのヘア用品に関係しているという。(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<