2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

子供の授業に対する集中力見分ける「消しゴムの法則」とは?

配信日時:2018年12月7日(金) 14時10分
画像ID 
浙江省杭州市金都天長小学校の国語の教師はこのほど、子供が授業に集中しているかどうかは消しゴムの状態を見れば判断できることを発見し、しかもこれはかなりの確率で当たるとしている。一部の「問題児」たちは授業中に机の上で消しゴムを長い時間いじったり、積み上げたり、鉛筆で刺したり、またはひたすら消し続けている。それにより、その集中力はすべて消しゴムに注がれてしまい、消しゴムはボロボロになるまで遊ばれてしまうことになる。一方、まじめに授業を受けている子供の中にも、考え事をしながら消しゴムをボロボロにしてしまうというケースも見られるものの、ほとんどの時間、消しゴムに触れることはない。この「消しゴムの法則」は特に低学年の生徒に当てはまるという。子供たちの集中力が散漫にならないように、この国語の教師は「文房具を選ぶ際には、なるべくシンプルな文房具を選ぶように注意し、子供たちの意識が文房具に向かわないようにしたほうがよい」とアドバイスしている。(編集TK)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<