Record China

ヘッドライン:

ビジネス好適地ランキングで、フィリピンが中国、インドを上回る―フィリピン英字紙

配信日時:2012年11月28日(水) 12時7分
拡大
27日、フィリピン英字紙フィリピン・スターは、ビジネスに適した国としてフィリピンの順位はインド、中国を上回ったと報じた。税負担の軽さ、貿易の自由、個人の自由、官僚主義の弊害の少なさなどが評価された。写真はマニラ。
(1/7枚)

2012年11月27日、フィリピン英字紙フィリピン・スターは、ビジネスに適した国としてフィリピンの順位はインド、中国を上回ったと報じた。環球網が伝えた。

その他の写真

米誌フォーブスは世界141の国と地域のビジネス好適地ランキングを発表した。貿易の自由、通貨の自由、資産の権利、イノベーション、科学技術、官僚主義、汚職、投資家の保護、個人の自由、税負担、マーケットのパフォーマンスなどから順位付けしたもの。

中国は96位、インドは97位。フィリピンは87位とアジアの新興2大国を上回った。税負担の軽さ、貿易の自由、個人の自由、官僚主義の弊害の少なさがポイントとなった。なおトップ10はニュージーランド、デンマーク、ホンコン、シンガポール、カナダ、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、英国となった。(翻訳・編集/KT)

関連記事

フィリピン政府、日系企業に移転呼び掛け「日中関係の緊張に乗じたものではない」―比メディア

26日、尖閣領有権問題を受け、フィリピン貿易産業省のパンリリオ次官は同日本企業15社に対して優遇策を提示し、中国からフィリピンへの工場移転を呼び掛けたと発表した。写真はフィリピンの首都・マニラ郊外に位置する“フィリピンのウォール街”マカティ。

Record China
2012年9月28日 16時18分
続きを読む

ランキング