2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国は中距離核戦力全廃条約の多国間化に反対

配信日時:2018年12月6日(木) 22時0分
画像ID 
外交部(外務省)の耿爽報道官は5日の定例記者会見で、中距離核戦力(INF)全廃条約に関する質問に答えた。

【記者】米側が4日、ロシアがINF全廃条約を遵守しない場合、60日内に条約履行義務を停止すると表明したとの報道について、コメントは。米側が、INF全廃条約への加盟を中国に繰り返し求めてきたが、いずれも拒絶されたとも述べたことについて、コメントは。

【耿報道官】最初の質問についてだが、INF全廃条約は国際関係の緩和、核軍縮プロセスの推進、さらには世界の戦略的バランスと安定の維持に対して重要な役割を発揮してきたし、今日もなお重要な意義を持つ。一方的な条約離脱は多方面に負の影響をもたらす。次の質問についてだが、INF全廃条約は米ソ間の条約であり、二国間の性質を持つ。中国側はINF全廃条約の多国間化に反対する。同時に、中国は防御的国防政策を遂行し、軍事力の発展において一貫して極めて自制的姿勢を取っており、いかなる国の脅威になる意図もなく、そうなることもない。(編集NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<