2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

また座席占領、指定席なのに「早い者勝ちよ!」、頑としてどかず―中国

配信日時:2018年12月7日(金) 19時40分
また座席占領、指定席なのに「早い者勝ちよ!」、頑としてどかず―中国
画像ID  1049148
中国では列車などで他人の座席を占領する騒動が相次いでいるが、遼寧省でもこのほど、列車内で他人の座席に居座り続けた女が、列車の正常な秩序を著しく乱したとして、治安管理処罰法の関連規定に基づき行政拘留処分を受けたという。
中国では列車などで他人の座席を占領する騒動が相次いでいるが、5日付の中国新聞網によると、遼寧省でもこのほど、列車内で他人の座席に居座り続けた女(22)が、列車の正常な秩序を著しく乱したとして、治安管理処罰法の関連規定に基づき行政拘留処分を受けたという。

その他の写真

大連の鉄道警察によると、女は今月3日、包頭発大連行きのK56列車に瀋陽駅から乗車し、他人の座席に座った。蘇家屯駅を過ぎたところで、この席の切符を持った乗客が女に席を譲るよう求めたが、女は「早い者勝ちよ!」などと声を上げて拒んだ。

女は乗務員の説得に応じず、周囲の乗客にも暴言を吐くなどしたため、乗務員は鉄道警察官に通報したという。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 7

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tko***** | (2018/12/08 08:54)

    中共名物、近寄りたくない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/12/08 07:42)

    きっとこの女性も〈座席占領〉をされた経験があるのだろう。しかしそのときの加害者が権力者とつながりがあったため、占領された側が別の席に移動されたのではないか。日本でも暴行を受けた力士が、次に自分が暴力の加害者になる事件が起きた。加害者が相応の罰を受けないと、被害者が次の暴行を犯すという〈犯罪の連鎖〉があるのだろう。これは人種とは関係なく、日本人でも子供を虐待する親は、自身の子供時代に親から虐待されていたと言う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/12/08 00:03)

    言えるのは唯々中国人が一日も早く常識と良識と人間らしさを備えることを願うばかりだ。 ちょーせんヒトモドキにそれを願うのは太陽が西から上がるくらい無理なので世界はとっくに諦めたけどな。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事