2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

敦煌壁画に命を吹き込む不思議な箱

配信日時:2018年12月6日(木) 20時40分
画像ID 
彩り豊かなガラスの模型の下に順番に並ぶ4つの箱にはやや違和感がある。箱の中を見ると、唐の装いをした侍女、蹴鞠を楽しむ人、鼓を打ち歌をうたう大道芸人が絵巻物の中から飛び出し、現代の服装をし、遠くから近くへ、3層の画面に映し出された。科技日報が伝えた。

浙江大学図書館内のこの不思議な箱の周りには連日、体験しようとする教員と学生が集まっている。取材したところによると、これは長さ2.3メートルの重ね合わせ型仮想現実画像表示装置で、体験者は外部のガラス片から千年前の木造建築の芸術を味わい、内部のイメージング装置により文化財の紹介を楽しむことができる。

この装置は浙江大学人文学院の王小松教授が企画・デザインし、複数の教員・学生と共に開発したものだ。王氏によると、同装置の背面はフルパノラマやAR(拡張現実)などの技術を採用しており、デジタル化により中国の敦煌壁画などの文化遺産を再現している。外部のガラス模型を作るため、デザイナーらは120枚の高級アクリル板を使用した。その重さは合計7トン。デジタルディープ模型構築及びスライスレンダリング彫刻技術を使い、建築物のスライスデザインをアクリル板に刻み、重ね合わせることで立体感を生み出している。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<