Record China

ヘッドライン:

韓国人の6割超、金正恩委員長の訪韓を歓迎―中国メディア

配信日時:2018年12月6日(木) 23時0分
拡大
2018年12月6日、中国メディアの海外網は、韓国人の6割超が、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の韓国訪問を「歓迎」を示していることが世論調査結果から分かったと報じた。

韓国・聯合ニュースの報道を引用して伝えたもので、韓国の調査会社リアルメーターは6日、全国の成人500人を対象に実施した世論調査結果を公表した。

それによると、「南北の和解と朝鮮半島の平和に役立つため歓迎する」との回答が61.3%を占めた。全ての地域、年齢層で金委員長のソウル訪問を歓迎するとの回答が優勢だったが、自由韓国党や正しい未来党などの保守系野党支持層と保守層では反対が上回ったという。

金委員長は今年9月、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が平壌を訪問した際、早い時期に韓国を答礼訪問したいと述べていた。文大統領は今月4日、国賓訪問先のニュージーランドで、金委員長のソウル答礼訪問について「年内に行われる可能性がある」とした上で、「歴史的な事件となり、非核化の進展に非常に大きく役立つものになる」と強調した。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

<コラム>命からがら韓国に亡命した北の若者の今

2017年の11月に、板門店のJSAにジープで乗り込んで脱北したオ・チョンソン氏のことは記憶に新しいかと思う。このオ・チョンソン氏のインタビュー記事が朝鮮日報に出ていた。記事を参考にしながら筆者のことばでお届けしたい。写真は板門店。

木口 政樹
2018年11月28日 20時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング