Record China

ヘッドライン:

世界5大陸の優秀レストラン1000軒、日本料理が最多―華字紙

配信日時:2018年12月8日(土) 14時30分

現地時間3日夜、世界5大陸のレストランを選定する情報サイト「La Liste(ラ・リスト)」が、2019年度版の世界のレストラン上位1000軒を発表。受賞レストランやシェフを発表する授賞式も開催された。中国新聞網が欧州の華字紙「欧州時報」の微信公式アカウントの記事を引用して報じた。

LA LISTEは2015年から179カ国の優秀なレストランをカバーする同ランキングを発表している。世界で出版される約550冊のグルメガイドや信頼性の高い雑誌などの世界の一流レストランに対する評価、客のオンラインレビューなどを総合評価し、ポイントを付け、得点トップ1000に入ったレストランを毎年発表している。

19年度版のランキングを見ると、フランス・パリのGuy Savoyと、米ニューヨークのLe Bernardinが99.75点で同点首位。Guy Savoyは3年連続でトップの座を守った。

1000軒のうち、国別で見ると、日本料理のレストランが148軒と今年も最多となっている。中国料理は18年より20軒増えて143軒と、日本料理に次いで2位となっている。3位は、116軒でフランス料理だった。

LA LISTEの創始者であるPhilippe Faure氏は、「全体的に見ると、アジア、特に日本の飲食業界の変化が大きい。日本は毎年、新しく、ハイクオリティーのグルメガイドが登場する。近い将来、中国か日本のレストランがトップになるかもしれない」との見方を示している。

■2019年度版LA LISTEトップ10

フランス・パリのGuy Savoy:99.75点

米国・ニューヨークのLe Bernardin:99.75点

東京の松川:99.5点

フランス・パリのAlain Ducasse au Plaza Athenee:99.5点

スペイン・ラサルテ=オリアのMartin Berasategui:99.5点

スイス・クリシエのl’Hotel de Ville:99.25点

米ニューヨークのEleven Madison Park:99.25点

米ヨントビルのThe French Laundry:99.25点

フランス・パリのL’Arpege:99.25点

ドイツ・バイヤースブロンのSchwarzwaldstube:99点

東京の京味:99点

フランス・サントロペのLa Vague d’Or:99点

フランス・フォンジョンクーズのL’Auberge du Vieux Puits99点

東京の銀座 久兵衛:99点

(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日本に比べ災害対策甘い」と韓国紙、ソウル中心部の通信ケーブル火災、「IT大国」の脆弱さ露呈

韓国全土で大規模な通信障害を招いたソウル中心部のケーブル火災をめぐり、韓国紙は「IT大国を自負する韓国社会のもろさを露呈した」と相次いで指摘。「日本に比べ災害対策が甘すぎる」と警鐘を鳴らしている。写真は韓国・ソウル。

Record China
2018年11月30日 13時20分
続きを読む

ランキング