Record China

ヘッドライン:

CFO逮捕のファーウェイ、「どのような不当行為があったか不明」―米華字メディア

配信日時:2018年12月6日(木) 13時30分
拡大
2018年12月6日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されたとの報道に関し、同社が「どのような不当行為があったのか不明」とのコメントを出した。米華字メディア・多維新聞が伝えた。

華為創業者の娘でもある孟氏をめぐって、「米政府の要請を受けたカナダ当局が逮捕。米国による対イラン貿易制裁に違反した疑いが持たれている」との報道が出た。カナダ司法当局は「孟氏は今月1日にバンクーバーで逮捕された。米国が引き渡しを要求している」と述べているという。

多維新聞によると、華為は当初、報道内容を否定していたが、その後「カナダ当局が米政府を代表して一時的に勾留」と説明。提供された情報はわずかで、孟氏にどのような不当行為があったかは不明という。同社は「カナダ、米国の法律体系が最終的に公正な結論を出すことを信じる」とし、「国連や米国、欧州連合(EU)が適用する輸出規制や制裁、法律法規を含め、業務展開国の法律法規を順守している」とも訴えた。

今年4月、ロイターの取材に応じたある人物は、「米政府は少なくとも16年には華為に対する調査を始めた」と明かしている。一方、中国・環球時報編集長の胡錫進(フー・シージン)氏は孟氏逮捕について、「カナダの中国大使館は米国、カナダ政府に対し、孟氏の身柄の自由を即刻回復するよう求めた。中国メディアの編集長として、米国が卑劣な手段を講じないよう願う」とのコメントをSNS上で発信した。(翻訳・編集/野谷
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング