2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「ボヘミアン・ラプソディ」にまた旭日旗騒動、出演俳優が日本で撮った写真に韓国ネット反応

配信日時:2018年12月5日(水) 17時0分
「ボヘミアン・ラプソディ」にまた旭日旗騒動勃発!
画像ID  1048727
5日、世界中で大ヒットを記録している映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンのギタリストのブライアン・メイ役を演じたグウィリム・リーが自身のSNSに掲載した写真が、韓国のネット上で物議を醸している。写真は旭日旗。
2018年12月5日、世界中で大ヒットを記録している映画「ボヘミアン・ラプソディ」でクイーンのギタリストのブライアン・メイ役を演じたグウィリム・リーが自身のSNSに掲載した写真が、韓国のネット上で物議を醸している。

SBSfunEなど複数の韓国メディアによると、グウィリム・リーは最近、自身のSNSに東京で撮った数枚の写真を掲載した。問題となったのは共に来日できなかったベン・ハーディ(ドラマーのロジャー・テイラー役)の等身大パネルの写真で、パネルの後ろには旭日旗を連想させる柄のポスターが写っていた。これを見た韓国のファンからは批判のコメントも書き込まれたという。

同映画は今年5月にも、韓国のネットユーザーから「ティーザー予告映像でメンバーの1人が旭日旗柄のTシャツを着ている」として批判を受けていた。抗議が相次いだため、映画会社は公式ホームページから同映像を削除。その後、問題のTシャツを赤色で塗りつぶす加工を施し、フルバージョンの予告映像として再公開していた。

同映画は世界中で大ヒットしており、韓国でも観客動員数627万2641人(12月5日、韓国映画振興委員会の統合電算網基準)を記録するほど人気を集めている。

このニュースに、韓国のネットユーザーからは「わざとではないだろう」「知らないなら教えてあげればいい。批判するのは間違っている」「外国人の写真にたまたま写り込んだ旭日旗まで批判?コンプレックスが強過ぎる」などグウィリム・リーを擁護する声が寄せられている。また「彼は旭日旗の意味を知らなかったはず。それより問題は、いまだに旭日旗を使い続ける日本政府」「日本が旭日旗の使用を認めていることが一番の問題」と指摘する声も。

一方で「彼が旭日旗を知らないはずがない。旭日旗のために映画を編集し直したのだから」「知らないも罪になる」「韓国人が知らずにナチスの模様を使用したら彼らは何と言うだろう?このレベルの無知は悪だ」「映画の不買運動をするべき」など厳しい声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 24

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 出本玲***** | (2018/12/07 10:43)

    (´・ω・`)知らない日本人が居るかも知れないから教えます。 ナチス・ドイツと日本帝国は完全に別物です。 それはユダヤ人がゴールデン・ブックに記し伝承し 大日本帝国軍人を顕彰している事実があるからです。 ナチス・ドイツと日本帝国軍の主義が同じ? 歴史を捏造し続けて嘘を喚き散らす民族は、未だに 日本人の足元にすら及ばない… 旭日旗と鉤十字が別物であることはゴールデン・ブックを 開いてみた世界の常識人にとっては【当たり前】の事実です。 中国・韓国の反日挑発煽動の嘘はユダヤ人には通じない… 彼らは恩人を絶対に貶めない高潔な民族だから
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 電線マ***** | (2018/12/07 08:28)

    お薬をあげ(揚げ)ましょう 一家に一本旭日旗 日章旗と交差させてね ショック療法もやる価値あり
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/12/07 01:27)

    >>「知らないも罪になる」 まあ、日韓の問題は、無知なまま騒いでる連中こそこれに当てはまる気がするけどね。 日韓関係なく、ね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事